本校の沿革

明治  
 6年 9月 学制に基づき小学明強舎として創立
11年 6月 明強舎と集成舎が合併して小学沼津黌と改称
12年 4月 教育令により公立小学黌と改称
13年12月 公立小学沼津黌が三校に分離し町立小学明強舎となる
20年 1月 尋常小学沼津黌と改称
   10月 公立沼津尋常小学校と改称
25年 5月 町立沼津尋常小学校と改称
30年 4月 高等科を設置し町立沼津尋常小学校となる
34年 4月 町立沼津尋常小学校より分設。沼津市の八幡町の地で女子のみを収容し、町立沼津女子尋常小学校として発足、校地2,500坪(尋4)
41年 4月 高等科を設置し町立沼津女子尋常小学校となる。(尋6、高2)
大正  
12年 7月 市制施行により市立沼津女子尋常小学校となる
昭和  
 3年 4月 高等科を廃し沼津市立第二尋常小学校と改称
 5年 4月 女子児童のみの収容を廃し男女の児童を収容することとし、沼津三段深(現在地に移転新築す。児童数1,462名となる。田代織作が御殿場小学校長より転任「考え方、味わい方の教育」を主題として教育を推進する。特別教室6、普通教室25、校地3,200坪
 6年 1月 西側に校地を拡張して運動場として使用。全校地3,880坪となる。
 8年 4月 東・西・南・北の学級名を廃し、月・雪・花・星と改称。教育優良校として県より表彰。
 8年 この頃、虚弱児童のため、林間学校設置。(終戦時まで続いた。)
10年 4月 栄養補給のため、味噌汁給食を実施。給食室12坪新築。
12年 4月 金子忠夫が県視学より校長として赴任、「まことの教育」を主題として至誠一貫の教育を行う。
13年 8月 講堂敷地として校地239坪を拡張し4,900坪の校地となる。
14年 4月 校地の番地、町名が変更され、常盤町2丁目32番地となる。
16年 4月 国民学校令により沼津市立第二国民学校と改称。偏食矯正栄養補給を行う。
17年 4月 山田八弥が県視学より校長として赴任。
18年 4月 講堂新築落成、平屋木造建て174坪。
19年 4月 校区の変更により沼津市立第六国民学校を分設(市道町松下町、西松下町が分かれた)
20年 7月 16日太平洋戦争の戦禍を受け、使丁室、体育器具室を残し全校舎焼失。
21年 6月 バラック平屋建て13教室竣工す。
22年 4月 沼津市立第二小学校と改称。山本駒太郎が賀茂地方事務所の学務課長より校長として赴任し、民主的実践者の育成を目的として自由、協同の態度を強調され、「細大洩らさずの教育」を行う。給食倉庫6坪増設。
23年 3月 本建築校舎2階建て10教室竣工、製パン室新築。
24年11月 学校給食の全般の成績優良の理由により県教育委員会より表彰。
25年 1月 完全給食が実施され県下唯一のパン加工による学校給食として発足。
    5月 耐火建築(ラス張り、モルタル塗り)2階建て11教室と管理関係の5教室等竣工。
26年 4月 林 繁馬が市立片浜中学校より赴任し、「生活を拓き創り築く教育」を主題として真の自由人育成の教育を推進。
    6月 ララ物資の打切りに伴い、自主的に学校給食を実施することとなり「教育給食」を念願として学校給食の一環として行うように研究を始めた。
    9月 旧給食室を取り壊し、モルタル塗耐火建築、平屋建て61.5坪の給食室(調理室・製パン室・休養室・倉庫等)ならびに渡り廊下27坪竣工。
27年 1月 学校給食の優良校として県教育委員会ならびに県給食連盟より表彰。
    4月 校区の一部変更が行なわれ、末広町、(旧栄町)が第一小学校区に編入。
28年 4月 県の学校給食研究指定校となった。
    6月 手洗場6ヵ所、水飲場1ヵ所新設。
   10月 雑庫移転、西門新設。
29年 6月 耐火建築、2階建6教室の増築完成。
30年 3月 足洗場2ヶ所、砂場新設。
31年 4月 遠藤一夫が大岡中学校より校長として赴任、「望ましい学習態度の育成」について市教委の実験校として指定され、昭和33年2月第1次研究発表会を開催。
    7月 1号便所改築、8月、給食パン工場改造。
32年 4月 山川伊平が熱海市教育長より校長として赴任。
33年 1月 県教育委員会、県給食連盟より学校給食優良校として表彰。
    3月 学校給食調査の成績優良の理由で文部大臣より表彰。
    4月 児童1学級58名に改訂 31学級
    5月 南北校舎渡り(72.5坪)、児童便所2棟(20坪)改築、東門移転。
   10月 学校給食の実施について優秀な成績をおさめ、かつ地域社会の食生活に多大の貢献をした功績により文部大臣より表彰。
34年 1月 学校給食実施以来諸般の研究を重ねて県内諸学校にその範を示し、ことに自校製パン工場の経営を中心として学校給食に寄与したということで、県教育委員会ならびに県給食連盟より学校給食優良校として表彰。講堂建築のため使丁室移転。
    5月 講堂を建築竣工(1,063.645?……321.753坪)
35年 4月 児童定数55名 32学級
35年11月 開校記念庭園造成、校地前面ブロック塀施設。
36年 3月 開校30周年記念教育像「ともしび」竣工(製作者 堤 達男 氏)
    4月 児童在席数の減少に伴い31学級となる。
    8月 校地南ブロック塀施設、給食パン室施設改善(発酵室、自動給水)
37年 4月 児童定数54名 31学級 パン整型B型モルダ−1基設備。
38年 4月 鈴木 孝が第三小学校校長より赴任。混合機を新設。
    4月 児童定数50名 29学級
39年 4月 児童定数49名 28学級
    8月 米国カラマズ−市立ウエストウッド小学校と姉妹校提携
40年 4月 鈴木治郎が第五小学校校長より赴任。児童定数48名 28学級
    6月 プ−ル完成(25m、6コ−ス)(小プ−ル低学年用)
    9月 南校舎中央部10教室取り壊し、東側4教室を引いて、西側6教室につける工事を行う。同時に鉄筋校舎3階12教室の建築に着工。
41年 3月 鉄筋校舎3階、12教室完成
    4月 児童定数47名 29学級
42年 4月 児童定数46名 29学級
   10月 鉄筋校舎3階建東側へ6教室増築完成。
43年 4月 児童定数45名 29学級
44年 3月 鉄筋校舎南側に昭和43年度入学・卒業記念庭園「双葉苑」造成。 給食室移転新築完成。(鉄筋造平屋建181.372?)
    4月 児童定数45名 29学級
45年 1月 言語治療教室設置のため北校舎1階一部改造。
    4月 朝香清治が土肥中学校より赴任、同月死亡により教頭土屋徳が校長事務扱いとなる。児童定数45名 30学級 言語治療教室が新設31学級
    5月 渡辺武男が東部教育事務所管理主事より校長として赴任。
46年 4月 児童定数45名 29学級 言語治療教室2学級計31学級
47年 4月 児童定数45名 28学級 言語治療教室2学級計30学級
48年 4月 栗田信彦が沼津市立大岡中学校より赴任
    4月 重松鷹泰先生、石井智先生を招聘し授業研究をすすめる。 児童定数45名 24学級 言語治療教室2学級計26学級
49年 4月 児童定数45名 23学級 言語治療教室2学級計25学級
50年 4月 児童定数45名 23学級 言語治療教室2学級計25学級
51年 3月 特殊学級中程度精薄学級設置のため北校舎1階一部改造。
51年 4月 児童定数45名 23学級 言語治療教室2学級計25学級 特殊中程度精薄学級が新設され26学級 市教委の学習指導研究校として指定
52年 4月 児童定数45名 23学級 言語治療教室2学級計25学級 特殊中程度精薄学級2学級計27学級 市教委の学習指導研究指定校2年目となる。
53年 4月 高橋 進が沼津市立門池小学校長より赴任。 児童定数45名 23学級 言語治療教室2学級計25学級。特殊中程度精薄学級1学級計26学級
53年12月 中庭飼育舎完成
54年 3月 中庭外便所完成
    3月 静岡県立沼津養護学校設立に伴い、特殊学級中程度精薄学級閉級
    4月 児童定数45名 24学級 言語治療教室2学級計26学級
55年 4月 丸木 進が沼津市立開北小学校長より赴任。 児童定数45名 24学級 言語治療教室2学級計26学級
56年 4月 児童定数45名 23学級 言語治療教室2学級計25学級
56年11月 創立108周年(明治6年明強舎)記念事業「明強祭」を挙行
57年 4月 児童定数45名 21学級 言語治療教室2学級計23学級
58年 3月 南新鉄筋校舎3階6教室竣工(普通教室6、音楽室、図書室、視聴覚室、管理室ミュ−ジックラボラトリ−システム(ML装置の導入)
    4月 芹沢 仁が東部教育事務所長より校長として赴任。 児童定数45名 20学級 言語治療教室2学級計22学級
59年 3月 北新鉄筋校舎竣工、言語治療教室(指導室、プレ−ル−ム、観察室、資料室検査室、職員室)特別教室(図工室、楽焼室、理科室2、家庭科室、会議室、職員室)
    3月 中国岳陽市より学校訪問。 アナライザ−システム(反応分析装置)の導入
    4月 児童定数45名 20学級 言語治療教室2学級計22学級
   12月 前庭整備・校門移動・講堂への連絡通路完成
60年 4月 佐藤 昂が沼津市教育委員会より校長として赴任。 学級定数45名 20学級 言語治療教室2学級計22学級
    8月 米国カラマズ−市立ウエストウッド小学校長学校訪問
61年 2月 文部省より学校施設の文化環境づくりの実地調査
    4月 児童定数45名 19学級 言語治療教室2学級計21学級
62年 4月 児童定数45名(3〜6年生)12学級 児童定数40名(1〜2年生)6学級18学級 言語治療教室2学級計20学級
63年 2月 昭和63年度NHK教育テレビ道徳「さわやか3組」のロケ−ションが本校を中心に始まる
    4月 本村久芳が沼津市立浮島小学校長より赴任。 児童定数45名(4〜6年生)9学級 児童定数40名(1〜3年生)9学級の18学級。言語治療教室2学級、計20学級
平成  
 元年4月 児童定数45名(5〜6年生)6学級 児童定数40名(1〜4年生)15学級言語治療教室2学級、計20学級
 2年 3月 昨年に引き続き中学道徳番組「さわやか3組」撮影。NHK中学年道徳番組「さわやか3組」撮影完了
    4月 川田 弘が沼津市立大岡小学校長より赴任。 児童定数45名(6年生)3学級 児童定数40名(1〜5年生)12学級  言語治療教室2学級、計20学級  各教室にビデオ設置
    8月 第10回東海北陸放送教育研究特別研修会開催
 3年 4月 児童定数40名 17学級 言語治療教室2学級、計19学級
   11月 NHK東海北陸放送教育研究大会を開催
4年 4月 児童定数40名 18学級 言語治療教室2学級、計20学級
   11月 校内事前研修会
 5年 4月 笹津眞知子が沼津市立片浜小学校長より赴任。 児童定数40名 17学級 言語治療教室2学級、計19学級
   11月 校内研修会(水越先生来校)
 6年 1月 昭和17年度卒業生が卒業50周年を記念して兎小屋一棟(2?)を寄贈
   4月 児童定数40名 16学級 通級指導教室開設
    6月 陽陽の塔(国旗掲揚の塔)建立。
   11月 校内研修会(水越先生来校)
 7年 4月 児童定数40名 16学級
   12月 校内研修会(水越先生来校)
 8年 4月 小笠原 昇が沼津市立愛鷹小学校教頭より赴任。 児童定数40名 15学級
 9年 4月 児童定数40名 14学級
    6月 校内事前研修会(水越先生来校)
    12月 自主研修発表会(水越先生来校)
10年 2月 バックネット全面改修 スプリンクラ−改修(2基増設)  ニュ−トンのリンゴの木植樹
    3月 地域防災無線設置 ことばの教室エアコン設置(2基)
    4月 原 福雄が沼津市立千本小学校校長より赴任。 児童定数40名 14学級
11年 3月 屋外用時計2基設置(児童玄関・南校舎2階)
11年 4月 児童定数40名 13学級  日赤静岡県支部より青少年赤十字活動研究推進校の指定を受ける。(11〜12年度)
    6月 ウサギ小屋一棟増設。
11年12月 落ち葉腐葉土化施設設置。
12年 4月 学校評議員制度等実践研究校の指定を受ける(平12・13)
    5月 生活支援員、情報教育アドバイザ−が1年間派遣される
    8月 1階余裕教室、放課後児童クラブ(まつぼっくり)として開所
    9月 旧校舎1階〜3階トイレ乾式トイレに改修  インタ−ネット接続、学習に活用
   10月 図書管理システムによる貸出開始  多目的ホ−ル「松かぜホ−ル」完成、地域の生涯学習の拠点となる。
13年 2月 砂場木枠修理
13年 4月 水嶋 啓が県総合教育センター教職研修課より赴任。 児童定数40名 13学級
14年 4月 児童定数40名 12学級
    5月 新体育館建設工事開始(完成予定平成15年3月)
14年11月 プール周囲の改修
15年 3月 新滑り台等設置 体育館完成、落成式・落成記念音楽発表会
    4月 児童定数40名 13学級
16年 4月 落合寿雄が市教委学校教育課より赴任 児童定数40名 12学級
    7月 音楽室壁面・床改修工事
    9月 遊具設置(吊り橋)
17年 3月 ビオトープ及び芝生広場製作
    4月 児童定数40名 12学級
18年 4月 言語科特区により「言語科」設置
18年 4月 児童定数40名 11学級
    7月 職員室・校長室・事務室エアコン設置
    8月 校舎地下道に記念品(昭和63年度)設置
   10月 校舎南側電波時計設置
    1月 河津桜西花壇より移植、正門横2本ビオトープ周辺7本
    2月 耐震工事に伴い、運動場藤棚の支柱を交換・ジャングルジム移転
19年 4月 大嶋忠男が沼津市立門池中学校教頭より赴任 児童定数40名 11学級
    6月 南校舎東側耐震補強工事開始
    3月 運動場東側非常用門扉完成
20年 4月 児童定数40名 11学級  沼津市より授業改善推進校の指定を受ける。
    7月 小プール内壁の改修工事
    3月 遊具(吊り橋)改修工事(PTAによる)
21年 4月 児童定数40名 10学級
    5月 NTT子ども安全連絡網の導入(PTAによる)
    6月 運動場のバックネット裏に防球ネット完成
22年 4月 長倉史男が沼津市立今沢小学校校長より赴任 児童定数40名 9学級
    7月 ステンレス製鉄棒6基設置
    2月 太陽光発電パネル設置
26年 4月 杉本雅弘が沼津市立愛鷹中学校教頭より赴任 児童定数40名・1年生のみ35名 8学級
    8月 職員室、校長室、保健室、パソコン室の情報機器整備 校内LAN改修工事
28年 4月 沼津市教育委員会より29年度までの2年間、学力パワーアップ研究の指定を受ける
29年 4月 真野文雄が沼津市立大岡南小学校校長より赴任 国基準1・2年35名、3・4年は静岡県35名、5・6年は下限付きの静岡式35名 195名・8学級