最新更新日:2018/12/12
本日:count up37
昨日:77
総数:177673

12/10 師走らしい朝に

 「こんなあったい師走、あったかい」なんて言っていた先週ですが、ようやく例年らしい師走の朝となりました。根性なしで寒がりの校長は、温暖化を心配しつつも、暖かい冬を歓迎していたのですが、今朝は子どもたちや先生方の姿を目で追っているだけです。
 朝の運動場では、なわ跳び運動を楽しむ子どもたちと、目覚めきれない月曜の心身にむち打って子どもたちに元気をもらいながら、一緒にがんばる先生たちがいました。「バックの返し回旋」を張り切って子どもたちに教える先生もいました。寒いけれど平和です。 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11/30 規範意識の高さに感動

 朝の運動場で遊んでいた子どもたちは、7:50のチャイムが鳴った瞬間、一斉に昇降口に通じる地下道の方へ走って行きます。ドッジボールに夢中だった1年生、3年生も、即座に走り出しました。
 なんてすばらしい子どもたちでしょう。これが自然に身に付いている学校文化は、我が校の大きな自慢です。
画像1 画像1

11/30 暖かかった霜月

 小春日和の多かった11月も今日で終わり、明日からは師走です。校庭の銀杏の葉は、台風24号の塩害で茶色くなった葉とようやく紅葉で黄色くなった葉、そして、暖かい陽気の多かった霜月だったせいか、いまだに緑色でがんばっている葉もあります。
 朝の運動場では、なわ跳びをがんばる子どもたちが増えてきました。3年生のドッジボールにたくさんの1年生も入り交じって遊んでいました。元気な子どもたちに力をもらっています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

10/30 早く登校してたくさん走る

 昨日29日から、冬に向けて持久走で体を鍛える取り組みをスタートしました。本日のホームページにも、トレーニングの様子が掲載され、昨日よりペースアップしている旨の記事が掲載されています。
 それと前後しますが、実は、昨日・今日と、ほとんどの子どもが朝7時35分頃までには登校しています。昇降口の開く7時25分には、既に40名ほどの子どもたちが、デパートの開店を待つようにしていました。少しでもたくさん走りたいという気持ちの表れでしょう。
 大人も頑張らなければ……と、自分に言い聞かせています。教師をはるかに上回っている明強の子どもたちです。負けてられんぞーーー!
画像1 画像1
画像2 画像2

10/9 子どもたちのために…(感謝)

 9月下旬に市教委、地域自治課やPTA会長、警察等と通学路点検を実施し、蛇松緑道の樹木が繁茂し過ぎて、見通しが悪く雨の日は傘をさせないほどの状態であることが判りました。
 そこで、地元下河原西町の自治会長さんを通して、市に剪定の依頼をしていただきました。
 すると、早速今月6日の土曜日には、猛暑の夏が戻ってきたような中で、業者が剪定作業をしてくださっていました。この早さには驚くとともに、児童の安全のために多くの関係者が支援してくださることに対しまして、感謝の思いでいっぱいです。
 今朝9日の朝、子どもたちは気持ちよさそうに登校していました。正面の冠雪前の富士山が笑顔で迎えてくれているように感じてしまいました。
 ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9/28 あいさつに始まる生活リズム

 本校はあいさつを機軸に人とつながる力を付けることを入口として、子どもを育てています。
 朝、友達やすれ違う大人、スクールガードさんにあいさつをすることができる子は、昇降口の靴の入れ方もきちんとしています。今回は、1年生の靴箱の写真を掲載します。
 以前は、靴のかかとををつぶして歩く子が全校で5〜6名いたのですが、最近は一人だけになりました。わずか5秒でできる簡単なことができなければ、それ以上のことはできません。一事が万事です。保護者からの愛情をたっぷりもらって前向きな気持ちになり、一つ一つをきちんとする子になるよう、気長に育てていきたいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9/13 秋らしさが…

 秋雨前線ですっきりしない天気が続いていましたが、今朝は気温も秋らしくなり、すっきりとしたさわやかな朝でした。
 1年じゅうで一番雪の少ない富士山が、久しぶりにくっきりと姿を見せてくれました。登校する子どもたちのあいさつも表情も、いつもの朝より元気でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9/7 担任は忙しそうです(給食風景3)

 職員室でも、担任外の職員が楽しそうにいただいています。学校に勤務すると、この給食のありがたさをしみじみ感じます。
 教室では、担任の先生は、子どもたちとの会話もほどほどにして、3分で食べ終わって、子どもたちの宿題などの学習物の点検をしています。空き時間のほとんどない小学校の先生は、子どもたちが帰るまでに、一人一人の学習物に朱筆を入れる作業は至難の業です。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9/7 穏やかで和やかなムードです(給食風景2)

 委員会活動で、みんなが食べ始めてしばらくするまで、放送の仕事をがんばってくれている高学年の子もいます。今日はお知らせやなぞなぞをやっていました。
 配膳を終えた教室では、とても和やかな楽しそうな雰囲気の中で、みんなおいしそうにいただいていました。栄養士さんが教室に廻って来て、鰯の話や今年豊漁に戻った秋刀魚の話をしていました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9/7 低学年も上手に準備できます(給食風景1)

 今日の給食は、「鰯の蒲焼き、キャベツと小松菜のおひたし、豚汁、牛乳」です。
 低学年でも、自分たちで上手に準備・配膳ができるようになりました。何よりもすばらしいのは、待っている子たちのお行儀の良さです。
 職員室では、用務員さんが担任外職員の分を配膳しています。栄養士は各教室だけでなく、職員室にも廻って来てくれました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9/6 地域の温かさに感謝

 夏の間に、校地内の樹木はますます繁茂し、雑草は場所を選ばず栄華を誇っています。用務員や職員がいくらがんばっても、除去するスピードを上回る勢いで草木は茂っていきます。1700名近かった学校が286名となり、学校は我が身の管理が追いつかず、恥ずかしい限りです。
 日曜日のPTA奉仕作業に期待をかけてはいますが、雨も心配され、程よく地面が湿っていて、程よく曇ってくれるかどうかはわかりません。

 今日の午後、仕事に追われている中、窓外を眺めると、運動場の草取りをしているご高齢の女性を一人見つけました。明らかに学校近くの方です。見るに見かねてやってくださっておられることは容易にわかりました。先生方は皆午後の授業中ですが、職員室で仕事をしていた教頭、教務主任も気づき、一緒にお礼を言いに駆けつけました。それに気づいた養護教諭も仕事を中断してダッシュして来ました。校長だけはろくに働かずに仕事に戻りましたが、校長よりも忙しかったはずの3人は、一緒に草取りを続けていました。
 やがて、運動場に遊びに来た2年生数名も合流しました。かわいい子たちです。
 なんてすばらしい学校でしょう! 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

8/27 地域社会に守られて

 2学期始業日の今日は、下校時間帯に沼津警察署員員や地域安全推進員さん、そして、いつものスクールガードの皆さんなど、大勢の方々が二小の子どもたちの下校の見守りをしてくださいました。
 校門前やその周辺には、スクールガードの皆さんはもとより、白バイと5名ほどのおまわりさんたち、地域安全推進員の皆様方がたくさん来てくださり、さらには、パトカー2台と白バイが校区内を巡回してくださるなど、皆さん、炎天下での大奮闘でした。
 子どもたちは、自分たちのためにものすごく大勢の方々がご尽力くださっていることを実感したはずです。交通ルール、帰宅後の安全面のルールをしっかり守るべきであることを自覚してほしいと思います。併せて、保護者の皆様にも、地域社会のこのような温かな御支援の実態を知ってほしいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

8/27 この感動は何?

 始業式の後、加藤学園高校チアリーダー部「シャインスターズ」の皆さんが、二小のみんなにとてもとても大きな感動と元気をくださいました。チームの寸分違わぬ統制の美というか、心のつながりというか…、そして演技の美しさや迫力、笑顔、乗り乗り気分…。たくさんのエネルギーをキャッチでき、言葉では言えない大きな感動をいただきました。ラインダンスはあまりに見事で、写真を撮りそびれてしまいました!
 素晴らしい演技だけでなく、二小の子どもたちに様々な動きを丁寧に教えてくださり、みんなで一緒に踊ることができました。
 子どもたち一人一人の脳裏・心に刻まれた感動の記憶は、ずっとずっと残ることでしょうし、子どもたちの人生のどこかで、力になると思います。価値ある活動をしてくださっているシャインスターズの皆様、顧問の藤澤先生、校長・副校長様に対しまして、感謝の意と敬意を表します。ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

8/27 何もしなければ失敗はしないが…

 2学期がスタートしました。子どもたちは、たくさんの荷物を抱えて登校してきました。正直言って、大人の方が夏休みの勤務モードから授業のある勤務モードに切り替えるのが大変なんです。子どもたちの元気なあいさつで、スイッチを入れてもらいました。元気をもらいました。
 始業式では、いつも言い続けている「迷ったら やっちゃえ!」「自分から先に、誰にでもあいさつ」を伝えつつ、特に2学期は失敗を怖がらずに自分を伸ばしていってほしいという願いを伝え、「失敗することは成功への積み重ねなんだよ」「成功の反対は失敗ではなくて、何もしないことだよ。失敗は成功と同じ仲間の言葉だよ」といった話をしました。
 養護教諭が熱中症の計測機を見せながら、熱中症予防の話などをしました。
 そして、サプライズで、加藤学園高校のチアリーダー部の皆様に、素晴らしい演技を見せていただきました。子どもたちは、あまりのすごさに圧倒されつつも、大喜びでした。
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

8/24 2学期の登校を待つ学校

 運動場や校庭は雑草だらけですが、あと三日後に子どもたちが登校してくるのを心待ちにしています。しっかりと心身と生活習慣切替えの準備をしておいてほしいと思います。

 今年は、7月からツクツクボウシの声を聞きました。梅雨明けも含めて夏になるのが早かったせいでしょうか、まだ8月下旬なのに、セミの鳴き声が少なくなっています。さりとて、秋の虫の鳴き声もまだ聞かれません。台風だけが多い気がします。

 用務員さんが、校舎のあちこちの補修を進めてくれています。昇降口や廊下の補修も工務店並みの技術です。月曜の子どもたちの登校までに間に合わせようと、今日もがんばってくれています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

8/15 夏休みもあと10日あまり

 終戦記念日の今日は、早朝の雨のおかげで、久しぶりにわずかな涼しさを感じましたが、やはり蒸し暑いことに変わりはありません。
 子どもたちのいない学校は、職員室・事務室周辺の窓しか開いていないので、2階・3階は温室のようです。校舎や遊具が、「早く子どもたちが来てくれないかなあ」と寂しがっている気がします。
 私たち教職員は、普段取得できない休暇をできるだけ取っていますが、休み方が下手なのでしょうか、ついつい学校に足が向いてしまいます。それでも、授業をしない生活リズムはちょっと違っていて、2学期の始まりがやや不安です。
 あと10日余りで2学期が始まります。生活のリズムや心の状態を学校生活のリズムに戻すカウントダウンです。早寝早起きを心がけましょう!
 ……と自分に言い聞かせています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

6/21 夏野菜も実り始めています(2年生)

 1年生の「アサガオが咲いたよ」の歓喜に、年上の2年生も、「ピーマンがでっかくなったよ」「ミニトマトが赤くなってきたよ」などど、アピールを始めました。
 低学年の時期に、土に触れさせ、慈しみ育てる活動を継続的に行うことの意味はとても大きいと思います。子どもたちの輝く目や笑顔から、そのことを実感します。
画像1 画像1
画像2 画像2

6/21 咲いたよ!(1年生アサガオ)

 登校する1年生から、
「やったー、咲いたよ!」
と、歓喜のの声が聞かれました。
 種から育ててきたので、喜びもひとしおでしょう。日本人の多くが、大人になっても「1年生の時のアサガオ」は記憶に残っています。この子たちも、これからの人生に、この体験の記憶が深く刻まれていくことでしょう。
 育てる体験は、自他の存在を客観視する基になるものだと思います。思いやりの心、慈しみの心も間違いなく育っているはずです。
画像1 画像1
画像2 画像2

5/31 優しく易しく話し、温かく聴く

 2年生の算数では、「2位数+2位数」の計算で、一の位だけが繰り上がる筆算の学習をしていました。
 発言の冒頭に「見て聴いてください!」と言ってから、みんなにわかり「易い」ように、「優しい」気持ちで説明をする子がいました。そして、「温かく」共感的に聴く子たちがいました。
 本校の目指す「全体交流場面(一斉形態での子ども間の考えのやりとり)」での理想的な様子が見られました。低学年から、きっちりと仕込んでくれている先生たちです。
画像1 画像1
画像2 画像2

5/31 やっぱり授業もがんばってます

 本日の前の記事で、「朝から体を動かす子は、1時間目から集中して学習に取り組めます」と書きました。教室を廻ってみたら、予想どおり、どの学級もがんばっていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
沼津市立第二小学校
〒410-0853
住所:静岡県沼津市常盤町2-32
TEL:055-962-0352
FAX:055-962-9533

☆ご感想・ご意見をお寄せください
daini-e@numazu-szo.ed.jp