最新更新日:2018/12/14
本日:count up7
昨日:79
総数:177891

11/28 対話的な深い学び(4年算数科)

 4年生が算数科で面積の学習をしていました。今日は、TT授業でした。
 学習課題について、自分の考えを近くの友達に説明したり質問したりする「近隣ペア交流」を経て、「近くの友達の説明を聴いて、わからなかったことがわかった人は、その中身を話してください」という先生の発問に、6〜7人が挙手しました。
 どの子も「もやもや」が解決したさわやかな表情でした。わかった喜びから、勇気を出して思い切って挙手した子が、少し照れながらも、満足げに発表していました。わからせてくれたペアの友達も嬉しそうでした。
 T2の先生が、その発表を短い言葉に換えて、黒板のスクリーンに書いてくれていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11/9 来たときよりも美しく

遊び疲れましたが、公園に感謝する気持ちが大切です。
芝生広場の一番上まで駆け上り、横一列になってごみ拾いをしました。
14:05、予定よりも早く裾野市運動公園を後にしました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11/9 存分にお遊び

スライダー滑り台に夢中でーーーす!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11/9 勉強の後は

放水路でたっぷり勉強した後は、裾野市運動公園に来て、のーんびり楽しく過ごしています。予定よりも少し早く帰校できそうです。
小春を思わせるぽかぽか陽気で、みんな気持ちよく遊んでいます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11/9 放水路を歩きました

放水路を特別に歩かせていただきました。
たくさんの質問にもわかりやすく答えてくださいました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

11/9 狩野川放水路見学

4年生が狩野川放水路見学に出かけました。国土交通省の担当者様に説明を受けています。
画像1 画像1
画像2 画像2

7/6 自転車ルールの難しさを知る(4年自転車乗り講習)

 沼津警察署と交通安全協会沼津地区支部の支援を受け、4年生が自転車運転免許講習を受けました。
 いつもは気軽に乗っている自転車ですが、自転車は車両であり、自転車に乗ることはたとえ子どもであってもルールを守って安全に乗るという大きな責任があります。
 教室で様々なルールを勉強した後、運動場の実地コースで教わったことを実際にやってみました。でも、常に安全確認をし続ける動作は、なかなかうまくできませんでした。
 停止すること一つをとっても、右足をついてしまう子もいて、「正しく左足をついて、右足は10時の位置に素早く動かしたペダルの上にかけ、ブレーキをかけて左右、右後ろを確認する」といった動作が正しくできた子は一人としていませんでした。
 それでも、最後には、講習を修了した証のカードを警察官が授与してくれました。
 今日の一人一人の走行を見る限り、公道での走行にはかなりの不安があります。これから、各自が自転車の規則をしっかりと理解し、意識して練習していくことを条件にカードをいただきました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5/16 分度器を使う

 誰しもが、小学校低学年の頃、分度器を初めて見て、「お兄さん・お姉さんたちが持っているあの変な道具は何だろう?」なんて思ったはず。
 4年生が、角度の勉強をしていて、授業で分度器の使い方を勉強しています。鋭角の場合、鈍角の場合と勉強し、180度を超す場合へと広がって、角度の理解は深まっていきます。
 分かったら何度も繰り返すこと、使い慣れることが大事です。毎日夢に見るくらい、今はたくさん使ってほしいものです。
画像1 画像1
画像2 画像2

4/20 視野を広げる(4年社会科)

 社会科の勉強で、学校周辺の消火栓などの探索をしました。
 普段何も考えずに歩き慣れた道路ですが、道路上には消火栓や下水道、上水道の鉄蓋がいたる所にありました。「消火栓」と書かれた赤い看板も見つけました。
 これからは、「ああ、ここにもこれが……」と気づく毎日になるでしょう。新たな視点が加わったということです。
画像1 画像1
画像2 画像2
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
沼津市立第二小学校
〒410-0853
住所:静岡県沼津市常盤町2-32
TEL:055-962-0352
FAX:055-962-9533

☆ご感想・ご意見をお寄せください
daini-e@numazu-szo.ed.jp