最新更新日:2018/11/12
本日:count up41
昨日:86
総数:225823
11/20(火)の持久走記録会をめざして、かけ足運動をがんばっています。

10月5日(金)給食

☆献立☆
ナシゴレン
牛乳
ひじきいりつくね
野菜スープ
すりおろしりんごゼリー

☆給食メモ☆
【ナシゴレン】
インドネシア・マレーシアの代表的な焼きめし料理です。「ナシ」はごはん、「ゴレン」は炒めるという意味をもちます。ナシゴレンに欠かせないエスニック風味を出しているのが、ナンプラーです。ナンプラーは、別名で魚醤(ぎょしょう)といいます。これは、小イワシを食塩で漬け込み、じっくり発酵させた物です。風味豊かなナシゴレンを味わって食べてください。


画像1 画像1

10月4日(木)給食

☆献立☆
米飯
牛乳
豚肉の柳川煮
すまし汁
アーモンド小魚

☆給食メモ☆
【柳川煮】
「柳川鍋」という料理があります。これは、江戸生まれの鍋料理で、どじょうとごぼうを甘辛く煮て、卵でとじるといった料理です。それを出したお店が「柳川」という名前だったから、または、福岡県の「柳川」というところで作られた土鍋を使ったからなどという理由で「柳川鍋」という名前になったそうです。それに由来して、肉類とごぼうを甘辛く煮て、卵でとじる料理に「柳川」という名前がつくようになりました。
 今日は、いろんな具が入った「柳川煮」の具です。ごはんといっしょに食べてください。

画像1 画像1

10月3日(水)給食

☆献立☆
黒糖食パン
牛乳
鶏肉のハーブ焼き
ジャーマンポテト
豆腐とキャベツのスープ


☆給食メモ☆
【じゃがいも】
じゃがいもは、南アメリカで初めて作られました。そこからヨーロッパ、インド、ジャカルタに伝わり、日本には江戸時代のはじめに伝わりました。じゃがいもには、熱や力となるでんぷんがたくさん含まれているだけでなく、野菜と同じようにビタミン類がたくさんあるので、体にとても良い食べ物です。今日はジャーマンポテトに北海道産のメークインという品種のじゃがいもを使用しました。


画像1 画像1

10月1日(月)給食

☆献立☆
(台風対応献立)
自校米飯
カレー南蛮丼
牛乳
ボイルドサラダ

☆給食メモ☆
【カレー南蛮】
 南蛮の由来は、貿易が始まった頃、外国から渡ってきたポルトガル人が「ネギ」を多く食べているのを見て、当時の人たちが、「ネギ」を指すのに用いたのが始まりだそうです。
 ポルトガル人は、「玉葱」を使った料理を数多く食べていたのですが、当時日本には「玉葱」がなく、代わりに「長ネギ」を食べていたそうです。
 今日の給食では、鶏肉や油揚げ、玉葱、にんじん、ねぶかなどをだしで煮た後、カレールーを加えて仕上げました。

画像1 画像1

9月27日(木)給食

☆献立☆

米飯
牛乳
鶏肉の中華カレー炒め
豆腐とわかめのスープ
ヨーグルト


☆給食メモ☆
【ヨーグルト】
 ヨーグルトの語源は「濃くすること」というトルコ語で、ブルガリアが起源だといわれています。メチニコフ博士という人が『日常的にヨーグルトを食べているブルガリア人は、長生きだ。』ということに注目し研究が進められました。その結果、ヨーグルトには、おなかをととのえ、代謝を活発にし、老化防止に役立つことがわかり、「長寿食」として食べられるようになったといわれています。カルシウムも豊富で、骨を丈夫にしてくれます。

写真は、鶏肉の中華炒めの完成の写真と、配缶の様子です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

9月26日(水)給食

☆献立☆

ご飯
肉じゃが
ししゃもの唐揚げ
おひたし
ココア蒸しパン

☆給食メモ☆
 【ししゃも】
 ししゃもは頭からしっぽまで全部食べることができます。一匹まるごと食べることのできる魚には、他にいわし・きびなご・わかさぎ・にぼし・小あじなどがあります。ししゃもは頭、腹、骨などまるごと食べるので、切り身の魚とちがい、たくさんの種類の栄養をとることができることです。

今日のココア蒸しパンは給食室で作りました。ほのかに甘い蒸しパンは子どもたちの好物です。喜んで食べていました。



画像1 画像1
画像2 画像2

9月21日(金)給食

☆献立☆

ソフトメンミートソース
牛乳
小エビとポテトの唐揚げ
キャベツとコーンの炒めもの

☆給食メモ☆
【ソフトメン】

給食にでるソフトめんはソフトスパゲッティ式めんが本当の名前です。給食用につくられたもので、パンと同じように、成長に必要な栄養素が入っています。国(くに)では、これからおおきくなるみなさんのためにパンやソフトメンの材料の小麦粉に補助金を出しています。
今日はミートソースです。麺にからめてたべてください。

画像1 画像1

9月18日(火)給食

☆献立☆

ご飯
牛乳
マーボー豆腐
揚げ餃子
キャベツと小松菜の炒めもの

☆給食メモ☆
 【麻婆豆腐】
 まだまだ暑い日が続いていて食欲が無くなっている人、冷房漬けで汗をかきにくくなっている人は、熱が体の中にこもって思わぬ病気になることがあります。
 そんな体の中にこもった熱をとる働きのあるにんにくと食欲をそそるチョッピリ辛みのきいたトウバンジャンを使った麻婆豆腐は食欲不振予防に大きな効き目があります。
暑い時にあつあつの物を食べて、しっかり汗をかくと免疫力がたかまります。

画像1 画像1

9月14日(木)給食

☆献立☆

五目ラーメン
牛乳
しらすいりシューマイ
サツマイモと豆の唐揚げ

☆給食メモ☆
 【さつまいも】
さつまいもは甘みがあり、ホクホクして、味が栗に似ているので、『栗よりうまい十三里(じゅうさんり)』と呼ばれています。
サツマイモはでんぷんが多く、体を温めて力のもととなります。また、おなかの調子を良くする『食物繊維』も多く含まれています。


画像1 画像1

9月11日(火)給食

☆献立☆
ご飯
牛乳
鰆のごま味噌だれかけ
さつまあげと野菜の炒めもの
すまし汁

☆給食メモ☆
【食器をきちんと並べよう】     
給食の配膳で、和食の基本的な型にそった並べ方をしていますか。
ご飯は左手前・汁物は右手前・おかずは奥・はし先は左向きにして、手前に横に置きます。皆さんのお盆にはどのように並べられているでしょうか?もう一度、言うので確認して違っている人は並べ替えましょう。ご飯は左手前・汁物は右手前・おかずは奥・はし先は左向きにして、手前に横に置きます。

画像1 画像1

9月7日(金)給食

☆献立☆

ご飯
牛乳
コロコロトンステーキ
野菜炒め
みそけんちん汁


☆給食メモ☆
【こんにゃく】

 こんにゃくは、昔から「おなかの砂おろしをする」「おなかを掃除する」などと言い伝えられてきました。これは、こんにゃくの成分の96%は水分で、2〜3%がグルコマンナンですが、このグルコマンナンという食物繊維は、人の消化の力では分解されないので、腸を刺激して動きを活発にすることにより、おなかにたまっているいらない食べ物のかすを取り除いてくれるのです。
画像1 画像1

9月6日(木)給食

☆献立☆

ご飯
牛乳
鯖のカレー揚げ
ひじきの炒め煮
すまし汁

 
☆給食メモ☆
 【さば】          
 さばは日本各地の沿岸で広く分布しています。まさばは「秋さば」という言葉があるように、10月から12月くらいが、一番脂がのっていておいしいといわれています。   また、おいしいだけでなく、残暑の厳しい暑さにまけないように、血液をサラサラにする作用のほかに、テレビゲームや勉強をがんばりずぎた目をいたわる作用もあります。

画像1 画像1

9月5日(水)給食

☆献立☆

食パン
ブルーベリージャム
牛乳
鶏肉とじゃが芋の揚げ煮
うずら卵と豆腐のスープ

【食パン】          
小麦粉やライ麦に水・塩・イーストをくわえガスを発生させて、ふくらませた生地を焼き上げたものがパンです。パンの歴史は古く、今から600年ほど前にエジプトで作られたと言われています。日本には、今から400年ほど前にポルトガル人によって伝わりました。学校給食に初めてパンが登場したのは、戦後、ユニセフからいただいた小麦粉でパンを焼いたときと言われています。

画像1 画像1

9月4日(火)給食

☆献立☆
クープジューシー
牛乳
きびなご玄米粉フリッター
野菜スープ
パインゼリー

【 クープジューシー】     
 沖縄の代表的な炊き込み料理です。だしのうま味がよく出ているこの料理は、美味しいだけではありません。使われている食材を見てみると、昆布・豚肉・かまぼこ・人参・ごぼうが入っています。栄養も満点なので、給食でも良く登場します。
ごはんに昆布が入ることは珍しいですが、昆布は昔古くは、「ひろめ」と呼ばれ、「よろこぶ」「広める」に通じることから、お祝いの品として用いられ、古くから日本人の親しみある食材とされています。だしの材料として料理に欠かせない昆布は、今日のクープジューシーの風味もより豊かにしています。

台風接近に伴い、給食時間もいつもより40分早まりました。

画像1 画像1
画像2 画像2

9月3日(月)給食

画像1 画像1
画像2 画像2
☆献立☆
ご飯
牛乳
焼き塩鮭
豚肉と切り干し大根の炒め煮
じゃが芋とえのきのみそ汁

 【食事のあいさつ】                 
「いただきます」「ごちそうさま」 食事の前と後に、教室から元気なあいさつが聞こえます。食事のあいさつには、それぞれ意味があります。「いただきます」のあいさつは、山のてっぺんを「いただき」といいますが、昔、貴重な品物をもらうとき、頭の上にかかげ、かしこまってもらうことから生まれた言葉です。食事で、動物や野菜などの食物の命をいただいていること、食事を作ってくれる人や食事ができる事への感謝の気持ちをこめたあいさつとなりました。食事のあいさつの意味を知り感謝の気持ちをこめて、毎日、しっかり、あいさつをしましょう。

8月31日(金)給食

画像1 画像1
☆献立☆

ご飯
牛乳
生揚げと野菜の炒めもの
わかめスープ
豆の唐揚げきなこ和え

【いんげん豆】

いんげん豆を油で揚げたものです。インゲン豆は、中央アメリカが原産です。新大陸再発見以前に南北アメリカに広がっていたといわれています。インゲン豆の品種は多く、煮豆、甘納豆、餡などさまざまな形で食べられています。今日は揚げた豆をきなこ・砂糖・塩で和えました。



8月30日給食

画像1 画像1
画像2 画像2
☆献立☆

シーフードピラフ
牛乳
かぼちゃコロッケ
豆と野菜のスープ
巨峰


【かぼちゃ】
 かぼちゃは、肌をじょうぶにしてくれたり、肌をつやつやにしてくれる栄養や、かぜの菌が体に入ってくるのを防いでくれたり、いろいろな病気を防いでくれるビタミンがたっぷりはいっている野菜です。今日はコロッケにかぼちゃが使われています。旬のかぼちゃを味わって食べましょう。




8月29日(水)給食

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
☆献立☆
カレーライス
牛乳
ウインナーとコーンの炒めもの

☆給食メモ☆
【カレーライス】
 カレーという言葉はインドのタミル語で『一種のソース』のことです。インドではいろいろなスパイスを入れ、1時間以上もかけて作ります。カレーはみなさんの大好きなメニューですね。けれどもカレーだけでは栄養がかたよってしまいます。野菜の炒めものやサラダと組み合わせることで、栄養のバランスも良くなるので、炒めものも食べましょう。
 給食のカレーはたくさんの量の野菜を使っているので、美味しさがぎゅっと詰まったコクのある味になります。玉葱は、小学校分で45kg使用します。1つ1つ皮を剥くところから給食室で作業しています。玉葱は成分に含まれる辛みが加熱する事で甘みに変わります。ですので給食ではじっくり炒めています。その後肉や他の野菜を炒めてから、煮込んでいきます。

写真は、玉葱を炒めているところとと煮込んでいるところの様子です。

5月30日(水)給食

画像1 画像1
画像2 画像2
☆献立☆
黒糖食パン
牛乳
鮭のハーブ焼き
アスパラとコーンのソテー
たまねぎとトマトのスープ
アーモンド小魚


☆給食メモ☆
【ハーブ】
今日のおかずは「鮭のハーブ焼き」です。「ハーブ」は香りのある植物のことで、「鮭のハーブ焼き」には、バジルというハーブが使われています。バジルは世界中でよく使われているハーブで、その香りにはリラックス効果があるといわれています。外国では、昔からバジルのような体によいハーブを薬のように使って、体調をよくしようとしていました。ハーブとともに鮭もしっかり食べましょう。

 鮭のハーブ焼きの下味には、塩こしょう、白ワイン、バジル、オリーブ油、にんにくを使用しています。スパイスを普段食べ慣れない人も、食べやすい味付けにしてあります。

5月9日(水)給食

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
☆献立☆

ご飯
牛乳
ハヤシライス
キャベツとコーンのサラダ
ヨーグルト

☆給食メモ☆
【ハヤシライス】
ハヤシライスは、日本式西洋料理で明治時代に作り始められたと言われています。 牛肉の細切れを使った西洋料理のハッシュドビーフが日本語風にハヤシライスと呼ばれるようになったと言われています。ごはんにかけて食べましょう。

写真は、ハヤシライスの野菜と牛肉を炒めている様子と和え物の調理最終温度を測っている写真です。


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
沼津市立金岡小学校
〒410-0049
住所:静岡県沼津市江原町3-1
TEL:055-921-1371
FAX:055-921-1370