最新更新日:2017/10/18
本日:count up42
昨日:108
総数:188647
10月23日(月)に、全学年の授業参観・学級懇談会があります。

10月17日(火)給食

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
☆献立☆
秋の香りご飯
鰯の磯辺フライ
薄くず汁

☆給食メモ☆
【実りの秋】
秋が旬の食べ物は、夏にたっぷりの太陽の光のもとでたっぷり光合成して、でんぷんを作物の中ため、糖分を作るため実が甘くなります。このように、植物が夏に太陽の恵みをたっぷり貯めて、秋に実り、冬を耐え忍び、春に芽を出して花を咲かせて受粉するという、日本の四季のパターンの中で、秋は「実りの秋」や「収穫の秋」となります。給食でも9月から11月は、秋に美味しい食材をいっぱい使用します。今日のご飯には、秋に収穫されるものがいっぱいです。さつまいも、くり、きのこが使われています。味わって食べましょう。

 2枚目と3枚目の写真は、ご飯を炊いている様子です。しめじは、低温で風味豊かな味わいのあるだしがでるため加熱前に水に浸してそれから火をつけます。きのこ類を苦手とする子どもが多いですが、美味しさで苦手を克服する子どもの姿を願い、美味しさのための工夫をします。
 現代は、家庭でも調理場でも炊飯器でご飯を炊くことが主流ですが、ガスを使ってプロの腕前で微妙な火加減を調節させながら炊くご飯も子どもたちから人気があります。調理時間も短縮でき、浸水させた米を釜に投入してから、強火で5分、弱火で10分、火を止めて蒸らし15分の計30分で炊くことができます。家庭でも同じ時間配分で鍋を使っておいしく炊くことができます。

10月13日(金)給食

画像1 画像1 画像2 画像2 画像3 画像3
☆献立☆
食パン
牛乳
ミートグラタン
キャベツとブロッコリーのサラダ

☆給食メモ☆
【グラタン】
 グラタンは、フランスの南部地方の郷土料理です。フランス語でグラタンは、「おこげ」あるいは「焦げ目をつける」という意味があります。グラタン皿に材料を入れ、熱いうちにホワイトソースをかけ、その上にパン粉やチーズをふりかけてオーブンで焼き色をつけます。
給食では、シーフードグラタン、マカロニグラタン、ポテトグラタンなどホワイトソースを使ったものや、ミートグラタンのようにトマトソースで味つけしたものがあります。今日のグラタンは、牛肉とじゃがいも、たまねぎなどの野菜をトマトソースで味つけし、チーズをかけてオーブンで焼いてあります。

給食ではクラスのバットにグラタンを入れ、チーズをのせて、大きなオーブン290度で5分焼いています。子どもの人気メニューの一つです。今日は小学校で残量がほとんどありませんでした。

10月2日給食

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
☆献立☆
わかめごはん
牛乳
鶏の唐揚げ
茹でブロッコリー
豆腐ともやしのみそ汁

☆給食メモ☆
【わかめ】
わかめは縄文時代から、日本人にとってかけがえのない食物として大切にされてきました。
栄養面では『食物繊維』が豊富に含まれています。わかめのヌルヌルした“ぬめり”があります。この正体が水に溶ける食物繊維です。
 これは、他の食物中の塩分と結びついて、塩分を体外に出する働きがあります。それにより、血圧の上昇をおさえるのです。みそ汁の具にわかめという組み合わせは古くからの日本人の知恵なのでしょう。今日は、わかめをご飯に入れました。

写真の2、3枚目は、子どもの好きな「鶏の唐揚げ」の調理過程です。夏場は調理室内の温度が高くなることから、生鮮魚や生肉に下味をつけて揚げる・焼くができないため、提供できるメニューが制限されていました。10月より今日の献立の様に、切り身に味付けをして澱粉をつけて揚げるという手作りの唐揚げができるようになりました。子どもたちの人気の唐揚げは、一枚一枚丁寧に衣として澱粉をつけ(写真2枚目)、180度の油で7分ほど揚げます。ほどよく色付いた物を取り出し、食中毒防止のために1分以上75度であることを確認し(写真3枚目)釜からあげて、個数を数えます。

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
10/18 4年 江原学習発表会
10/23 授業参観 懇談会
沼津市立金岡小学校
〒410-0049
住所:静岡県沼津市江原町3-1
TEL:055-921-1371
FAX:055-921-1370