最新更新日:2010/04/01
本日:count up1
昨日:4
総数:67749
ようこそ静浦東小へ☆★平成22年3月31日(水)で60年の歴史に幕を閉じました。☆★☆

3月です。

  ☆さらに ゆたかに かしこく★
 厳しい寒さの中に、ようやく春の足音が聞こえるようになってきました。
今年度もあと1ケ月でおわります。元気で、明るい子どもたちの顔を見ていると本当 に成長したとしみじみ思います。どの子の体も成長し、なにより精神的に成長したこ とをうれしいと思います。振り返れば、今年1年間でいろいろなことを学習しました。 楽しい思い出に残るような行事もたくさん経験してきました。そして、あと残された 3週間を次の学年への大きな足がかりとするために、有意義に過ごせるよう指導した いと思います。また、1年間の総決算でもあるこの時期には、今までの教科の中で自 信の持てないところをしっかり身につけるようにしたいと思っています。これからも、 6年生を送る会の行事も用意されています。子どのたちが残された日々 を有意義に 過ごし、そして「ゆたかに かしこく」育っていくためにも温かい支えと眼差しをお 願いしたいと思います。

日々を大切に

日々を大切に
 立春を目の前に、カレンダーが1枚めくられ、2月へと移ります。外は寒中とあっ
て、春の気配は感じられませんが、それでも立春と聞くと、柔らかい陽光をを思い浮かべ、気分がうきうきしてきます。春・・・それは年度の締めくくりです。あと一ヶ 月半で平成20年度も終わりです。これからは各学年最後のまとめを迎え忙しくも充 実した日々を送っていきたいものです。
       特に6年生は、最後のまとめを!
2月は逃げる、3月は去るともいいますが、卒業、進級の足音がだいぶ高く聞こえ るようになってきました。子供たちは、希望に胸を弾ませる一方、不安を感じている だろうと思います。勉強についていけるだろうか、友達はできるだろうかなどと考え ていることでしょう。勉強が分からないと学校がつまらないものです。学校では、こ れまでの学習の復習をしながら授業を進めています。子供たちはその時は分かったよ うな気がしていますが、後で一人でやり直してみると分からなくなってしまうことが あります。特に、漢字書き取り・小数の分数の計算・公式などは忘れてしまいがちで す。自分の苦手なところを復習して、不安を取り除いて卒業・進級してほしいと思い ます。
 残された日々を大切に、そして充実して過ごせるよう、励ましていきたいと思います。
    1年生から5年生も同様です!

新年の決意

新 年 の 決 意
社会は大きく変化しています。それに伴って子供たちを取り巻く状況も大きく変わっていきます。また、子供たちが生きていく21世紀は、この変化もますます進展していくと予想されす。
このような状況の中で、学校教育に求められていることは、緊急な課題の解決と自ら切り開いていく「生きる力」「豊かな感性」「たくましい心身」等の育成だと思います。 、
私たちは教育活動を進めていくにあたり、子供は「かけがえのない存在であり、可性を秘めている」「一人ひとりすばらしい可能性を持っている」という児童観と指導する重みと責任の大きさを自覚して、教師自らも学び高まりつつある姿で努力したいきます。
静浦東小職員一同、新年の決意を達成すべく努力して参ります。そして、学校・家庭・地域との連携・融合を図り「地域に開かれた学校を」目指します。よろしくお願い申し上げます。

新春の富士

 三が日すばらしい天候でした。
 6日(火)からの毎日を、進級にむけて充実して送れるようにしっかりとした目標を持ち、それに向かって日々の積み重ねをしていくことは大切です。

新年に思う

 あけまして おめでとう ございます。
 
 2009年 平成21年 丑年の幕開けです。
 
 さて、平成21年が始まりました。1月6日(火)から第3学期がスタートします。
今年のお正月はおだやかな天気でとてもよい年明けだったと思います。
 7日は、七草です。春の七草は「せり・なづな・ごきょう・はこべ・ほとけのざ・すずな・すずしろ」です。日本には健康と長寿を祝って縁起ののよい食べ物として七草がゆを食べる習慣が残っています。
 3学期は51日間です。残された平成20年度を健康で事故なく頑張っていきましょう。

第2学期終了

 8,9。10,11,12月と5ヶ月にわたる2学期も終了しました。たくさんの行事がありました。運動会・修学旅行・社会科見学・しおくづ祭り・ミュージックコンサート・校内マラソン大会等たくさんありました。
 児童全員よく頑張りました。2学期が終わりということは、年が終わるということと、年の始まりです。
 年末・年始しかできない体験(お餅つき、大晦日、初詣、年賀状など)があります。日本の伝統行事に触れてください。
 良い年をお迎えください。1月6日始業式に元気に全員登校してくだい。

児童引き渡し

ご協力ありがとうございました。
15時20分、児童全員下校完了しました。

12月です。

             2学期のまとめをしっかりと
早いもので、あと3週間余りで2学期も終わりです。今学期は運動会、修学旅行、社会科見学、しおくづ祭りと様々な行事がありました。残すは、全校持久走大会です。どの場面でも元気いっぱいに活躍する児童の成長していく姿を見ることができました。
今月は、児童たちと共に今学期のしめくくりをしっかりとしたいと思います。一つ一つ足跡を見つけながら、3学期に向けての意欲や願いがもてるようにしたいと思います。

11月

 2学期の一番の充実を

 11月ともなるとさすがに朝晩は冷え込みます。11月は霜月といって霜がおりやすい時期でもあります。厳しい冬が近づくと、体温の調節のできない動物はそろそろ穴ごもりに入ります。
 また、昆虫の姿も10月の頃よりずっとすくなくなり、落葉の中にもぐったりしてそれぞれに合った冬越しをしています。児童たちもこの時期は体調を悪くして欠席しているが子います。低学年の児童は保護者が児童の顔色や食欲等に気を配ってあげる必要があります。高学年の児童は自分自身の体調に気を配れるようにしてほしいと思います。体調が常にベストコンディションというわけにはいきませんが、元気に登校することを望みます。
 さて、2学期もいよいよ後半です。一番充実させたい2学期です。いままでを振り返り、反省すべき所をはっきりさせ、後半の生活に充実したものになるよう子供たちに呼び掛けていきたいと思います。ご家庭でも、良きアドバイスや励ましをお願いします。身体も心も充実した実りの秋となるように・・・・・・

体育の日

               体育の日

「スポーツに親しみ」とは、スポーツを見たり、聞いたり、読んだりすることではなく、みんなでスポーツをしようということなのです。
以前は、スポーツ振興法によって10月第一土曜日が「スポーツに日」とされていましたが、一般には浸途していきませんでした。この体育の日は、昭和39年に開催された東京オリンピックの輝かしい成果と感動を記念し、また、これによって体育の重要性について認識を深め、ひいては明るく住みよい社会を建設することを願って制定されました。また、国、地方公共団体の役割として、国民の間に広くスポーツをする意欲を高揚するような行事を実施するとともに、ひろく国民があらゆる地域および職場で、それぞれの生活の実情に即してスポーツができるような行事を実施するべきであるという趣旨で制定されました。

充実の秋

       充実の10月

 2学期の一番充実する10月がやって来ました。朝夕の吹く風が、ひやりと感じられる季節となりました。道端のススキの穂も、やさしい風に揺られながら、秋の空の下で背比べをしています。
「芸術の秋」「スポーツの秋」「食欲の秋」「実りの秋」「読書の秋」・秋を形容する言葉はたくさんあります。このことは、それだけ秋が何をするのにもちょうど適した季節であることを意味しています。

第2学期スタート

         さあ 2学期のスタ−トだ!                   39日間の長い夏休みが終わりまた。静かだった校内に、子供たちの元気な

声が響きわたり、学校に活気が戻りました。久しぶりに見る子供たちは、一回

り大きくなってたくましくなった感じがします。楽しかった思い出や貴重な体

験を聞くのが楽しみです。

 2学期は、運動会・6年生修学旅行・5年社会科見学・しおくず祭・美術展

などいろ いろな行事が続きます。はやく生活のリズムを取り戻して、毎日の

学習はもちろん、ひとつひとつの行事を充実したものにしていきたいと思いま

す。

 1学期同様にご理解とご協力をお願いします。


いよいよ8月

             いよいよ8月 
 8月は夏休みもまっさかり、暑い毎日を楽しく過ごしていることでしょう。
 旧暦の8月は、今の9月ごろにあたり、もう秋です。8月の日本の古い呼び方は、秋を感じさせるものばかりです。「葉月」がもっともよく知られた呼び方で、「葉落月」が省略されたものだという説や、はじめて渡り鳥のガンがやってくる月として「初来」からきているなどと言われています。風が秋の気配を感じさせる「秋風月」とか、月が美しいことから「月美月」とも呼びます。

立秋・・・体が暑さに慣れたころ、暦の上では、秋を迎えます。立秋は、秋の始まりを意味しています。まだ暑い盛りですが、このころから日がしだいに短くなり、明け方や夕方に涼しく感じるようになります。秋は忍び足でやってきます。

 夏休みの計画は確かに実行されていますか。終業式でお願いしました2つ覚えていますか。 
 〃鮃に過ごしましょう。(心と体)
 ◆_歛蠅倭瓩片付けよう。(いやなことを後回しにしない)

 1日1日が早いです。夏休みの思い出作りをしてください。

雨にも負けず  暑さにも負けず 1学期のまとめを

   雨にも負けず  暑さにも負けず  一学期のまとめを!

 早くも7月です。一学期は4月5日に始まり、7月18日までの72日の授業日数になります。                                    遠泳練習も5月27日(火)プール開きから今日まで7月4日(金)プール練習は、次週の7日(月)を残すばかりになりました。いよいよ、8日(火)から11日(金)海での浜練習を午前中実施します。そして、12日(土)第72回遠泳大会となります。これまでの練習の成果を存分に発揮し、3キロメートル・2キロメートル・1キロメートル・0,5キロメートルと個人目標を達成してほしいと思います。今日に至るまでに、児童たちはたくさんの人にお世話になり、数々の困難を乗り越え練習してきました。身近で見守っていた家族の人たちはたくさんのことを感じていたことでしょう。児童たちは自分へのプレッシャーを乗り越え一回り大きくなったと思います。     
 「自分に勝つ」児童はひしひしと感じていることでしょう。絶大なる応援をお願いします。

 遠泳大会が終了すると、学習面や生活面で自分の生活を振り返り、希望を持った夏休みに入ることができるよう準備をすすめています。
次のようなことを感じませんか?
 子供が一日をなんとなく過ごしていませんか。テレビ、ゲ−ム等にかじりついていたり、親の生活に巻き込まれ、夜更かし屋になっていたり。
 ケジメのない生活は、指摘されなければ動かない受動的な子供をつくります。

 起床⇒朝食⇒排便⇒学校⇒勉強⇒遊び⇒就寝など

 子供の日常生活をきちんと区切りをつけ、規則正しい生活のリズムをつくること。これが、基本的な生活習慣を身につけることとあわせて、家庭教育の第一歩です。
 親が子供のリズムを壊している場合もあります。親のリズムについても、工夫する努力が必要です。                                            
           【家事を分担し責任感を】
 子供に労働体験をさせていますか。農村や自営業なら子供が家の仕事を目のあたりにすることもありますが、最近は家の仕事を手伝うことがだんだんなくなってきています。
 子供が年令や条件に応じて役割(家事)を分担することは、家族の一員として、「私も役立っている。」という自覚を持たせて、働く喜びを育てます。
 部屋の掃除・食事の後片付け・洗濯物の取り入れ→→→たくさんあるはずです。大事なことは子供がもたついても、親がかかわってやらないこと。“できなければやってくれるというあまえ”をつくり結果として、無責任さを助長することになります。

6月の声

    いよいよ遠泳練習スタート
新任校長として2ヶ月があっと間に過ぎようとしています。
本校は遠泳大会抜きには語ることができません。まさに地域と一体となったこの一大行事も今年で第72回を迎えます。教頭先生に話を聞くと、漁船や小舟の数も多く、その船には参加児童の目標達成と安全を願う家族や近隣の保育園児、3年生以下の児童などが乗り合わせ、全員が太鼓やかけ声で応援しているそうです。そこに地域の大いなるパワーを感じます。とかく小規模校の児童は日常生活の場に切磋琢磨する場面がなく、闘争心や、社会性などが身につかないことはよく言われますが、東小児童はこの行事を通して大きく成長していくものと確信しています。私は、「学校は地域の財産である。」という考えを、必ず保護者や地域の方々の前で話をするようにしています。財産とは子どもであり、学校と地域・家庭が協力して心もからだも強い子を育て、将来社会で立派に生きていく人間こそが地域を愛し、地域を守り育てる人間になると信じるからです。
6月の声を聞き、にわかに子どもたちの活動が活発化してきました。どの学校にも先がけ、プールで遠泳練習が始まりました。4年生以上の40名が大会目指し、それぞれの目標に向けて一生懸命泳いでいます。ゴールである多比浜に成就感、達成感に満ちた子どもの明るい声が響く日も近ことでしょう。大会は、7月12日(土)に予定しています。


校長室より

≪4月に思う≫
春欄間の言葉どおり、いろいろな花が咲き乱れる季節です。昔の呼び名で4月を月、卯の花月といいます。旧暦の4月は今の5月頃に当たり、そのころ卯の花が咲のでこう呼ばれるようになったといわれています。卯の花は空 木の別名で、白くかいい花をたくさんつけます。日本人には昔から親しまれている花、今もよく目にしす。また、農作物を植える「植え月」がちぢまって「うつき」となったともいわれます。

≪新学期スタート≫
 ご入学おめでとうございます
日差しがまぶしいほどの春です。学校は、希望と期待にあふれた子供たちで活気づいてきました。
 さあ、20年度がスタートしました。お子様の様子はどうですか。昨年度と変化はありますか。いいほうでの変化は大変結構ですね。自分から起きるようになったの手伝いを進んでやるようになった等いろいろなことが考えられます。小さなことでも認め励ましてあげられることは大切なことだと昔の人がつぎのように言っています。「やってみせ、言って聞かせ、誉めてやらねば人は動かじ」がまず子供の前でこのようにるのだよというように手本をみせ、次に、何回でもわかるまで言って聞かせて終わっら誉めることを忘れないようにというようにということです。ぜひ、参考にしてください。

       学校教育目標
    「心も からだも 強い子」
     〜人との関わりを通して〜
      ・学び合う子
      ・相手を思いやる子
      ・体をきたえる子

 楽しい学校 明るい学校を目指します

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
学校行事
4/6 入学式
始業式
沼津市立静浦東小学校
〒410-0102
住所:静岡県沼津市口野30-23
TEL:055-939-0109
FAX:055-939-0261