最新更新日:2010/04/01
本日:count up4
昨日:2
総数:67737
ようこそ静浦東小へ☆★平成22年3月31日(水)で60年の歴史に幕を閉じました。☆★☆

月曜日の朝

 朝マラソンの予定でしたが、運動場の状態が悪く体育館にて行いました。(ラジオ体操)1・2年生です。

2010年

 2010年、平成22年、寅年の幕開けです。
 保護者の皆様・地域の皆様、本年もよろしくお願いします。
 第3学期はわずか50日間です。残された平成21年度を健康で自己もなく頑張っていきたいと思います。
 
 平成22年3月で沼津市立静浦東小学校の歴史にピリオドを打ちます。この現実に負けないよう、日々を大切に教職員、児童そして皆様と過ごしていきたいと思います。

2010年 新春

 寅年 2010年  新年 あけまして おめでとう ございます。

 静浦東小を本年もよろしくお願いします。

 元旦 天候も良く すばらしい新年となりました。 

 2010年3月閉校という年となりますが、職員一同全力で立ち向かっていきたいと思います。ご支援、ご協力をよろしくお願いします。
 児童たちには、しっかりと力をつけ、また、思い出に残る学校生活を送れるようしていきたいと思います。
 
 いざ!スタートです。

10月

「あき! 2学期充実の秋」
2学期の一番充実する10月がやってきました。朝夕の吹く風が、ひんやりと感じられる季節にとなりました。道端のススキの穂も、やさしい風にゆられながら、秋の空の下で背比べしています。
 「芸術の秋」「スポーツの秋」「食欲の秋」「実りの秋」「読書の秋」・・・・・・秋を形容する言葉はたくさんあります。このことは、それだけ秋が何をするにも、ちょうど適した季節であることを意味しています。
 教科書も「上」から「下」に変わってきます。もう半年が過ぎ、あと半年しかありません。普段の生活を見ていると、もっと自分の力を発揮してほしかったり、自分に厳しくしてほしい時もあります。子どもたちには、今折り返しの地点で、これからの過ごし方をもう一度考えて、これからの半年を充実したものにしてほしいと思います。
 頑張りやさんの子どもたちが、学習や生活の色々な場面で活躍を見せてくれることを期待します。



第2学期スタート

「さあ 2学期のスタ−トだ!」
 33日間の長い夏休みが終わりました。静かだった校内に、子供たちの元気な声が響きわたり、学校に活気が戻りました。久しぶりに見る子供たちは、一回り大きくなってたくましくなった感じがします。楽しかった思い出や貴重な体験を聞くのが楽しみです。
 2学期は、運動会・6年生修学旅行・各学年の生活科や社会科見学・しおくづ祭り・ 造形展・秋の遠足などいろいろな行事が続きます。はやく生活のリズムを取り戻して、毎日の学習はもちろん、ひとつひとつの行事を充実したものにしていきた いと思います。
 1学期同様にご理解とご協力をお願いします。

残暑お見舞い申し上げます!

 毎日、暑い日が続いています。
 夏休みしか、できない体験をしていますか。
 2学期にたくさんのお話を聞かせてください。

いよいよ夏休み

いよいよ夏休み 7/25〜8/26

   〜体験する夏休み・何かに取り組む夏休み〜

7月25日(土)から8月26日(水)まで33日間の休みがあります。ふだんの生活ではできないいろいろな体験をしたり、何かに取り組んだりして、心に残る夏休みにしたいものです。「百聞に一見にしかず・百見は一体験にしかず」といいます。
家庭でこの夏休みをどう過ごすかを考え、「行く・見る・聞く・感じる・作る」そんな夏休みにしたいものです。
.疋ンと一つやり遂げる
*毎日プールに来て練習に来て、2000メートル泳げるようになる。
*継続した観察やテーマを決めて、調べたり研究したりしたことをまとめる。
*時間をかけて絵を描いたりものを作ったりする。
▲灰張灰弔汎鵑鳥阿弔笋蠖襪欧
*家族で料理を作る *旅行したことを新聞に書く
*たくさん読書する *苦手な科目の復習をする
*作文や詩、俳句などを作る *実験や観察をする

夏休みまでに!

      生活を見直してみよう!
          【家庭文化を築くこと】
  夏休みを控え、次のことを実行してみましょう。
 /討寮験茲帽腓錣擦董∋劼匹發寮験茲離螢坤爐鯤さない。早寝早起きが最も基本  です。
◆^貽一回は、手作りの食事が家族が一緒に食べ、話すことの楽しさを実感させる。
 親の価値基準だけでなく、子どもを見守る中でよさを素直に褒め、認め、激励す  る。
ぁ”徂愧舂匹、何があっても「あなたは私たちの大切な子ども」と、抱きしめる。
ァ\ご屬筺学校や、環境のせいにせず、まず親が一生懸命生きる姿を見せましょう。
Α〜瓩急いで大きくしようと焦らず、ゆっくり、じっくり熟成するよう援助しましょ う。

6月:体験学習

         大き な成果をあげている各学年の校外学習
子供たちは事前の準備から当日の取り組み、事後の整理等まで普段教室で体験できないことを「見て(眼)、聞いて(耳)、空気を嗅いで(鼻)、肌で感じて(肌),理解できないことを質問して(口)」の五感を大いに働かせているように思います。そして、人とのつながりを深めています。今後の学校生活がもっと楽しく充実していくことが期待されます

 1,2年 生活科校外学習  3年 地域探検・香貫山               4年 自然教室・社会科見学(市施設)                     5年 自然教室・稚魚の放流・淡島マリンパーク                 6年 社会科見学(鎌倉) など
年間を通して取り組んでいきます。そして、育てていきたいと思います。                                               ーら課題を見付け、自ら学び・自ら考え・主体的に判断し、よりよく問題 を解  決する資質や能力を育てる。

 ◆ヽ悗喨やものの考え方を身につけ、問題の解決や探求活動に主体的に、創 造的  に取り組む態度を育て、自己の生き方を考えることができるようにする。


生活のリズムを大切に

  生活のリズムをつくる
        〜積極的な生活態度を育てるために〜

 子供がなんとなく一日を過ごしていませんか。テレビやゲームにかじりついていたり、親の生活に巻き込まれ、夜更かしになっていたり。
  ケジメノない生活は、指摘されなければ動かない受動的な子供を作ります。

  起床→朝食→排便→学校→勉強→遊び→就寝など

子供の日常生活をキチンと区切りをつけ、規則正しい生活のリズムをつくること。これは、基本的な生活習慣を身につけることとあわせて、家庭教育の第一歩です。
親が子供のリズムを壊している場合もあります。親のリズムについても、工夫が必要です。

1学期折り返し

      ☆★☆1学期折り返し☆★☆

紫陽花の花が美しい季節になりました。早いもので、今年度も2ヶ月が過ぎました。子供たちは、新しい学年に慣れ、友達と楽しそうに過ごしている姿を見掛けます。
 先日のリレー会には、たくさんの保護者の皆様の声援をいただき、ありがとうございました。子ども達は、このリレー会を目指して練習をつんできました。子供たち一人一人の力が精一杯発揮できたと思います。これからも、たくさんの行事がありま すが、ご協力をお願いします。これから、梅雨の季節におなります。体調を崩しやすい時です。朝、体調が悪いとき無理に登校せず、一日ゆっくり休ませることも必要になります。朝、学校へ登校し体調不良を訴えるという児童が増えていますので、ご家庭でも健康管理をお願いします。   

靜浦東小各種ボランティア募集のお願い

   靜浦東小各種ボランティア募集のお願い
  平成21年5月28日
今年度もボランティアとして協力していただける方を募集しています。下の案内を参考にご協力のほど、よろしくお願いします。また、「こんなこと学校に協力できるよ」(家庭科の調理、裁縫、習字など)というようなことありましたら、お聞かせください。
   図書ボランティア・・・図書室、学級文庫の整理、修理
   読み聞かせボランティア・・・各学級での読み聞かせ
   情報ボランティア・・・コンピュータ操作の手伝い
    クラブ関係
      家庭科・・料理、手芸など
      理科・・・実験、観察、飼育など
      体育・・・球技、体操など
      野外活動・・・つり、探検など


 ボランティアに参加してくださる方は、6月12日(金)までにお知らせくさい。

 不明な点や質問等の問い合わせ 静浦東小電話939−0109までご絡ください。
                      担当 教頭 藤井 則久


学校評議員・関係者評価委員会


 5月25日(月)学校評議員・関係者評価委員会を開催しました。任期は、1年です。
今後の活動として、教育活動の実施、学校と地域社会の連携の進め方など、意見や助言をしていただきます。

 委員さんは、秋山勉さん(口野自治会長)
       笹原勲さん(多比自治会長)
       大塲秀子さん(主婦・多比保育園)
       小池みち代(口野婦人会長)
       佐藤仁さん(節太鼓指導者)  五人の方にお願いしました。
 昨年より地域であいさつが、良くなっているとお褒めの言葉をいただきました。

5月ってどんな?

 5月ってどんな
5月は昔の呼び名で「さつき」といい、皐月とも書きます。苗代で育てた早苗を田
に植える時期なので早苗月といっていたものが省略されて、「さつき」になったと言われす。
 八十八夜
 ちょうど春から夏にかけて移り変わる頃で、この辺りをさかいにして晩霜の被害の心配もなくなり、種をまくなど、農作業の目安にしていました。また、「夏も近づく八十八夜・・・」と歌にあるように新芽の茶摘みの時期にあたります。とくに春から八十八日目の八十八夜を選んだのは、大事な米という字にちなむといわれます。
 端午の節句
 男の子のいる家で、鯉のぼりを立て、武者人形をかざり、ちまき、柏餅、ショウブなどを供える行事です。また、菖蒲湯に入ります。菖蒲の節句ともいわれます。
立夏
 暦の上ではこの日が季節の変わり目で、夏に入るとされています。立夏は春分と夏 至の中間にあたり気温が高くなり始めるころです。
母の日
 子供たちがお母さんに感謝する母の日は、アメリカの母思いの少女から始まりまりました。いくつかの説がありますが、その一つを紹介しましょう。1900年代のはじめ頃アンナ・シャービスは母の命日に行われた追悼式でカーネーションをそなえ訪れた方にも配りました。そしてアンナは、母親の深い愛情に感謝の気持ちを表そうと呼 びかけました。
 多くの人たちが賛同し、1908年の5月の第2日曜日、最初の母の日の集会が開かれました。それが評判になり、1914年、この日を母の日にすることがアメリカの議会で決議されウイルソン大統領が承認、世界に広まりました。
 日本では、大正時代に一部で行われ、昭和はじめ頃皇后誕生日を母の日にしていま
した。第二次世界大戦から、アメリカにならって5月第2日曜日を母の日とし、盛んになってきました。
 母の日とカーネーションの結びつきは、花言葉が「母の愛情」だから、アンナの親が好きだった花だから、等といわれています。

いよいよ5月

  一年を通してもっとも過ごしやすい新緑の季節がやってきました。
 4月末までに、授業参観・PTA総会・家庭訪問とありがとうございました。これ からもご協力をお願いします。
 新年度になって1カ月が過ぎ、子どもたちの緊張もゆるみがちです。そのうえ、連 休も重なって生活のリズムもくずれがちになりますので、健康管理にも十分気を配り、 さわやかな季節の中で落ち着いて学習に取り組んでいくことができるよう見守っていただきたいと思います。



学校紹介

 沼津市立静浦東小学校
1 本校の実態
(1)校区
)楾擦琉銘
・駿河湾の奥に入り組んだ内浦湾の北側に当たる地域。校区は静浦6区のうちの東端の口野、多比の2つの地域で、そのほぼ中央に学校が位置している。
 地域性
 昔から伊豆石の産地として栄えた地域で、山に至る所は石材を切り出した穴の跡が残っている。一方、海岸線は出入りに富み、突き出た岬は白い岸壁と青松で景色が良く、今なお漁業の中心として船だまりになっている。向かい側は、内浦・西浦の山並みの上に達磨山が高くそびえ、西に大瀬崎を望む景勝地である。
 現在の校舎、運動場、体育館は狩野川放水路工事の際の土砂によって埋め立てられた広い敷地に建設されている。
 以前は半農半漁の地区であったが、今では耕地面積、漁獲量の減少に伴い、会社員をはじめ民宿、魚加工業など職種が多様化してきている。同時に、住民の価値観も多様化し、各家庭における子どもの教育に対する姿勢も変わりつつある。とはいえ海と山に囲まれた美しい自然環境の中で、昔ながら近所付き合いが今でも残っており、三世代同居の家庭が多いこともあって、人情豊かで親しみやすい校区民である。
 教育対する関心はきわめて高く、学校教育の重要性を認め、たいへん協力的である。
 世帯数491世帯(多比249・口野242)               人口1,428人(多比768・口野660)  平成21年4月1日現在

 本年度創立60周年となります。

 平成22年3月31日をもって閉校となります。平成22年4月1日より静浦小、静浦西小、静浦東小学校の三校がいっしょになって新しい学校がスタートします。校名等は、まだ未定です。






平成21年度スタート

平成21年度  静浦東小学校

 いよいよ21年度スタートしました。
本年度は、特別な年度です。平成22年度には静浦東小・静浦小・静浦西小が統合されます。静浦東小学校がスタートしたのは、昭和25年です。本年は、創立60周年となります。
全教職員で気持ちを新たにして、今年も全力でがんばります。子どもとともに考え、ともに伸びる教師集団でありたいと思います。

願う児童像として
1 確かな学力を身につけ、自ら学び考える子
・学習のきまりをも守る
・自ら課題を追究
・進んで家庭学習に取り組む
・自分の思いを豊かに表現する

   2 豊かな心、思いやりを持った子
・進んであいさつ
・仲良く力を合わせる
・本とともたち

3 心身ともにたくましい子
・外で元気よく遊ぶ
・めあてに向かってねばり強く取り組む
・基本的な生活習慣を身につける

 この3本柱から、楽しい学校・元気な学校をキャッチフレーズにして、学校教育目標を次のようにしました。

確かな学力と豊かな心をはぐくむ小中一貫教育
〜生かそう→よさを  もとう→つながりを〜

最後に、静浦東小の児童が(地域や家庭の願い・・・学校評価から)
・はきはきと表現できる子
・がまん強く最後までやり遂げる子
・きまりや約束を守る子
・やさしく思いやりのある子 

そのためには、
授業研修
自分の考えをもち、互いに高め合う子を目指して
     〜伝え合う力を高める〜


「教師力」をアップさせ、それを通して子どもの
豊かな「人間性」を育てる
                                                                       校長 渡邊 義昭
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

学校基本情報

教育活動に関するアンケート

学校便り 和平(にぎび)

三校統合

沼津市立静浦東小学校
〒410-0102
住所:静岡県沼津市口野30-23
TEL:055-939-0109
FAX:055-939-0261