最新更新日:2019/12/06
本日:count up23
昨日:64
総数:120983

廃油石けん

考えていた以上に廃油石けんの効果があると分かり、子ども達は、一生懸命壁そうじをしました。

水垢がついた手洗い場も、とてもきれいになり
「そうじの時間も、廃油石けんを使ってそうじをしたい。」
と言う子もいました。


画像1 画像1
画像2 画像2

廃油石けん

そして、今日、できあがった廃油石けんを使って、学校の壁を中心にそうじをしました。

学校の壁は、汚れて黒く変色している部分がありました。

1枚目の写真が、そうじをする前の状態。

2枚目の写真が、そうじをした後の状態です。

黒くなっていた部分が、きれいになっているのが分かるでしょうか。

画像1 画像1
画像2 画像2

廃油石けん

廃油石けんは、苛性ソーダと廃油を混ぜ合わせ作ります。
苛性ソーダを溶かすのは短時間でできたのですが、廃油と混ぜ合わせる作業に時間がかかりました。

今回は、ペットボトルを使いシェイクしました。

混ぜ合わせた後は、牛乳パックに小分けし、乾燥させました。

ここまでが、2学期の活動でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

廃油石けん

一学期に社会科でごみについての学習をしました。
自分たちの力で、ごみを減らす工夫ができないかということで、ごみの分別表を作ることと、廃油石けんを作ろうということになりました。

準備を行い、2学期に廃油石けんを作りました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年・西浦みかん大好き(朝市)5

当日は西浦小の教師や西浦保育所時代の先生も駆けつけてくれました。「大きくなったね。」とほめてもらい子供たちはうれしそうでした。JAなんすん及び朝市関係者のみなさんにいい学びの場を提供していただけました。ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

3年・西浦みかん大好き(朝市)4

今回の学びでは直に大人の方たちとみかんの販売を通じてコミュニケーションをとることができました。

2袋買ったみかんのうち1袋を「みかんにしてほしい。」と一人の男性が3年生に話しかけます。男性は青島みかんを2袋買いたかったのです。でも、1袋は別の品種のみかんが入っていました。子供たちは真剣に話しを聞きます。そうして袋を交換できました。最後に「すみませんでした。」ときちんと頭を下げながら正当な挨拶をすることもできました。収穫の多い学びの場となりました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年・西浦みかん大好き(朝市)3

みかんの売れ行きは上々です。人でごった返しました。普段、学校にいては関わることの出来ない方たちとみかん販売を通じて交われました。キャリア教育としての値打ちを感じました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年・西浦みかん大好き(朝市)2

ふるさと産直市を主催する代表の方には拡声器で西浦小3年生が朝市に参加させていただいていることをアナウンスしていただいけました。支払い方法も本来のルールでない配慮をしていただけました。感謝です。
画像1 画像1
画像2 画像2

3年・西浦みかん大好き(朝市)1

1月30日(土)の朝、JAなんすん沼津支店の広場で毎週土曜日に開催されている「ふるさと産直市」に参加させていただけました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

3年・西浦みかん大好き1

3年生は1月18日、学校のみかん畑でポンカンを収穫しました。コンテナに3箱収穫できました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

生け花・校長室を飾る

6年生が日本文化体験で学んだ華道の経験を生かし、校長室に生け花を飾ってくれました。ありがとうございます。
画像1 画像1

ビャクシンの保全活動6

終わりに西浦小4年生の活動について西浦消防団方面隊長や江梨自治会長からお話をしていただき、ダイバーにティッシュを配った後、家路につきました。ご苦労様でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ビャクシンの保全活動5

消火活動を手伝った後はゴミ袋を集め、市消防本部に作っていただいた一人一人のオリジナル防火ポスターを受け取り、大瀬に来られたダイバーの方々や観光客のみなさんに配り、ビャクシンの保全活動に一役買うことに。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ビャクシンの保全活動4

地元消防団のみなさんや自主防、沼津市消防本部の方々が消火訓練をされます。ホースを持って消火訓練に参加させてもらいました。風がなく、水しぶきを浴びることもなく、貴重な体験をすることができました。お天気に感謝です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ビャクシンの保全活動3

国指定の天然記念物であるビャクシンは樹齢千年を超えるものもあります。大変貴重な樹木です。毎年この時期に西浦小の4年生が消防クラブ活動の一環として活動をします。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

ビャクシンの保全活動2

日本最北に群生する貴重なビャクシンを守るため、西浦小の4年生は主にゴミ拾いをしました。神池周辺や海岸には多くのゴミが散乱し、大きなゴミ袋一杯になるまで懸命に活動しました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

大瀬崎ビャクシン保護活動1

1月24日(日)西浦小4年生は、地元大瀬崎に群生するビャクシンの保全活動の協力をしました。主にゴミ拾いです。市教委文化振興課課長や大瀬神社宮司さんの話を聞き、活動を始めました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

租税教室

 今日は、税金について学ぶ租税教室がありました。
(株)百一酸素の社長さんが、子どもたちに楽しく分かりやすく、税金について教えてくださいました。
 子どもたちは、「もし税金がなかったら社会や私たちの暮らしはどうなってしまうのか」を知って、自分の生活と結びつけて、税金の働きや大切さについて考えることができました。
 また、見本の「百万円の札束」や「1億円の束」を目にして、強烈なインパクトを受けました。今日の学習は、忘れられないものになると思います。
 社長さん、本当にありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

給食集会

1月28日(木)

今週は、給食記念週間です。それに合わせ、給食委員会が中心となり、給食集会をひらきました。
今回のテーマは、「給食の歴史を知ろう」ということで、クイズを混ぜながら楽しく給食の歴史について学びました。
また、いつもおいしい給食を作ってくださる栄養士の先生や調理師さんに感謝の気持ちをこめて、カードを贈りました。

画像1 画像1
画像2 画像2

三校合同学校保健委員会

グループワークの後には、西浦小学校歯科医堀江先生に講話をしていただきました。

むし歯にならないためには、
1.食習慣を見直そう
2.フッ素入り歯磨き粉を使おう
3.空みがきをしてから歯みがき粉を使ってみがこう
が大事です。

長井崎校区のみんなが歯みがきを毎日続けようと考える機会になってくれていたらいいなと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
学校
3/29 離任式8:00登校 児童下校は11:00
沼津市立西浦小学校
〒410-0234
住所:静岡県沼津市西浦平沢255-2
TEL:055-942-2004
FAX:055-942-2131

☆ご感想・ご意見をお寄せください
nisiura-e@numazu-szo.ed.jp