最新更新日:2017/11/20
本日:count up48
昨日:39
総数:91308

さついもの苗差し

再び体育館前に集合し、学年で一人ずつさつまいも苗差しの感想発表をしました。学年が上がるにつれ、今日の作業の感想だけでなく、収穫を見越した実りを期待する感想も述べることができており、低学年にとってよい学びの場となりました。
画像1 画像1
画像2 画像2

さついもの苗差し

どの班も苗差しができたところで水やりです。6年生が行います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

さついもの苗差し

海に面した西浦農園(さつまいも畑)は約30年前から当時のPTAや地元の方々のご尽力でこの地に畑として耕していただいています。面々と受け継がれる伝統の一つがこのさつまいも畑にも息づいています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

さついもの苗差し

さつまいもの苗を一人一人が手に持ち、いよいよ畑に差していきます。軍手を通しても土の中の温かさを感じた子は「土の中って温かい。」と口に出していました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

さついもの苗差し

まずは畝作りです。とは言うもののすでにJA西浦みかん支店壮青年部のみなさんが4/5の畝は耕作してくださっていますので、残りを縦割り班、赤白のにこにこ班で協力して作りました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

さついもの苗差し

5月27日(木)昨夜の雨でほどよく湿ったさつまいも畑で苗を差しました。まずは体育館前に集まり、6年生から苗差しの要点を説明してもらいました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・キウイ受粉体験

学ぶ時のきれいな眼差しを5年生一人一人に見ることができました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・キウイ受粉体験

5年生はどの子も真剣です。一つ一つ雌花に受粉させていきます。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・キウイ受粉体験

いよいよ5年生の手で受粉の体験です。一つ一つの雌花に花粉を付けていきます。握手する加減でゴム部分を握るよう教えていただきました。受粉した花がわかるよう濃縮した花粉には赤系の着色がされています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・キウイ受粉体験

オスの畑で花粉の生育を観察、次にメスの畑で受粉の仕方を学びました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・キウイ受粉体験

5月27日(木)、学校のキウイ畑(オスとメス)の花粉が春先の気温低下による天候不順でうまく生育しませんでした。そこで昨年キウイを販売した資金で花粉を購入し、受粉する体験学習をしました。講師は地元の方です。キウイ畑を西浦に開墾したいきさつ等説明を聞かせてもらいました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校
4/6 着任式・始業式・入学式
沼津市立西浦小学校
〒410-0234
住所:静岡県沼津市西浦平沢255-2
TEL:055-942-2004
FAX:055-942-2131

☆ご感想・ご意見をお寄せください
nisiura-e@numazu-szo.ed.jp