最新更新日:2017/12/14
本日:count up1
昨日:16
総数:92131

給食

給食も本日を入れて後5日です。アセロラゼリーは子供たちにも好評な食材、デザートです。冷凍庫から出したゼリーの上にうっすらと牛乳を浸すと半分凍った状態になり、おいしいとは、5年生の食べ方です。
画像1 画像1

5年・西学発表会番外編

授業参観日に合わせ、5年生は西学で学んだキウイの学習発表会をポスターセッション式に体育館で行いました。キウイ栽培のボランティアの方にもお越し願い発表しました。いい機会ですので他の学年の子や担任もたくさん参加し、活況を呈していました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・キウイ畑で!

PTA役員の皆様のお陰ですっきとしたキウイ畑に5年生は朝一番に上りました。担任が質問します。キウイの木は何本?すっきりした畑を見渡せば一目瞭然です。答えは4本です。輪になり、担任がキウイの剪定をしてくださったPTA役員の皆様の働きを説明していました。4本あるキウイは立て込みすぎです。来年度は半分の2本にする予定です。地元キウイアドバイザーの助言でもあります。

朝、高学年の子たちは縄跳びを中心に運動場で体を動かしていました。気持ちいい朝、一日の始まりです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

キウイ剪定

月曜日、学校に来た職員は一様にびっくり、プールの上のキウイ棚はみごとにすっきりと、まるで床屋さんにきれいにしてもらったみたいです。PTA役員の皆様、本当にありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2

5年・2月授業参観報告

パビリオン形式の発表学習です。5年生も西浦学習(総合学習)の発表です。「キウイ販売」をメインのテーマにしました。いかんせん、絶対数として西浦小の場合、児童数及び保護者数に限りがあります。体育館でパビリオンとして発表する店を開く経験を積みました。パビリオンは耳慣れない言葉ですが、大阪で開かれた万博でパビリオンという言葉を知り、実感はしています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・社会科見学「自動車工業」3

この日のために、講師を引き受けてくださった地元のTさんはハイブリット車、電気自動車を用意してくださったのです。そして、乗せていただけました。初めて電気自動車に乗った担任は、「静か、しかもすごいパワーでびっくりしました。」と職員室で感想を口にしていました。

何より子供たちにとって将来の自動車社会が電気自動車に変わるだろうことを身をもって体験させていただけたことに感謝です。明日を作るのは子供ですから。

ありがとうございました。来年度からも5年生の社会科見学の講師をお願いしたいと切に思いました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・社会科見学「自動車工業」2

工作機械は日本の得意分野です。鉄を曲げる機械、車を乗せる機械について、さらには名前の由来について教えてもらえました。子供は機械がすきです。興味津々です。目が皿のように丸まっていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・社会科見学(自動車工業)1

1月26日(水)、5年生は地元木負にある自動車の修理工場の見学をしました。
木負の子供たちにとっては、日頃遊んでもらうとてもいいおじさんですが、この日は日本の自動車産業について実物を見せてもらいながら講義を受けることができました。

あまりのエアーの強烈さに顔を歪めた子の表情、普段のお仕事に使う機械の説明に子供たちの眼は凝視したままでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・音読

3学期早々、5年生は国語の勉強で教科書の一斉音読をしました。一斉に音に出して教科書を読むことを「一斉音読」といいます。斉藤孝が上梓した『声に出して読みたい日本語』がベストセラーになってから、すっかり声に出して読む文化の見直しが日本全体でなされました。

本来、活字を読むことは声に出して読むことを指していたのです。昔は新聞を家長が声に出して読み、家族がその話しを聞くことが一般的だったのです。むろん、ラジオやテレビが一般家庭に定着する以前の話です。

声に出して読むと読めない子にとっては重宝です。目で活字を追い、周りの音と活字を照合することが勉強としてできるからです。大いに声に出して読むべし!もちろん、立ってです。
画像1 画像1

5年・算数

来年度から教科書が厚くなる情報はランドセルのCMでも扱われていました。算数の授業時間が多くなります。移行措置として今年かなり余分に算数を勉強しなければならない学年が5年生です。今までなら6年生で勉強する内容です。終業式の日も算数です。がんばれ!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・書き初め練習

5年生が体育館で書き初めの練習をしました。書き出す前の指導を教頭がていねいにします。道具の置き方、整え方も型として教えます。めいめいの勝手にさせないことが肝要です。統制する発想からではなく、共存の中で自分の表現を発揮させるためにです。

まずは教頭が筆を使い手本を示します。共通の手本を単に見るだけでなく、補助線を引きながら筆を動かし、表現していきます。正月の年中行事として「書き初め」を推奨しますが、ご家庭の事情がある場合は担任なり担当指導者に相談をしてください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・漢字

9月に漢字を興味深く学ぶ方法を広島の先生に教えてもらいました。5年生で再現させていただきました。今後の漢字学習について検討をすすめているところです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・キウイ販売体験学習4

整いました。キウイと掛けて−。道ばたで転んだ時と解く。「その心は?」ケガあるでしょう。うけました。気をよくしてキウイを買ってくれた方もいました。これも商売です。相手の心をつかんだ訳ですから。

笑顔があふれた生きた学びの場も頃合いを見て撤収です。帰りのバスの時刻に間に合うよう帰宅しました。ご協力いただいた木負観光のみなさん、本当にありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・キウイ販売体験学習3

声を張り上げ、車の窓からも声をかけ、笑顔で話しをはずませて販売を体験しました。生きた学びの場です。何より学校の教室を離れ、販売という手立てを通じて、人とコミュニケーションをとる学びを成立させるのです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・キウイ販売体験学習2

11月26日(金)、前日の雨もすっかり上がり、日差しがまぶしいよき日となりました。木負観光のご協力で、26台もの観光バスが到着する予定の日に特別な計らいで場所を提供していただき、キウイを販売する体験学習をさせていただくことができました。感謝です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・魚教室

西浦は伊豆半島北西に位置し駿河湾に面した地域です。西浦小はこの西浦のよさを存分に体験学習するカリキュラムを学年に応じて実施しています。「西浦大好き、もっと好き!」をモットーに「海、山、文化」の観点で地元のよさを体感する体験学習に取り組んでいます。

5年生は社会科の学びと連動することもあり、海がテーマの学習と山をテーマの学習を仕組んでいます。海といえば魚です。魚のさばき方、三枚おろしを体験する学習を実施しました。地元、平沢の「やま弥」のご主人に講師をお願いし、包丁も使い、鯵を三枚におろしました。当日は、中国から研修のために「やま弥」にホームステーしていたKさんも5年生と一緒に体験学習しました。

普段の勉強での集中度と随分違う緊張感に包まれた素晴らしい体験ができました。ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・キウイ販売体験学習

11月26日(金)、大勢のミカン狩り観光客が西浦に来られる木負観光のご協力で、観光客に西浦小で収穫されたキウイを販売する体験学習を5年生が行いました。今年で2年目になります。

約30台もの大型バスでごった返したこの日、19名の5年生はあらかじめ袋詰めしたキウイを懸命に販売します。そう簡単には見向きもされない情況を打破し、気にしてもらえ、振り向き、購買していただくまでの労苦を生で体験させるキャリア教育です。

なかには「整いました。キウイとかけて、つまづいて転んでしまった時と解く、そのこころは(別の子が掛け合う)ケガあるでしょう。」と即興で演じ、拍手喝采を浴びる販売戦略に打って出た子もいたようです。いいね!

詳しい情報は後ほど!
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

表現集会(5年)

5年生は詩の朗読・合唱・合奏・劇(授業の風景)・組み体操と盛りだくさんの表現を披露してくれました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・いけす見学(出荷)5

さすがです。慣れた手つきで次々と鯛を大きさ別に箱に詰め、重さを確認し、記入して梱包していきます。氷は鯛の重さと同じ程度詰めるとか、補給の量もすごいものです。

船でいけすへ、出荷のために鯛を船に積み込むためです。ありがとうございました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・いけす見学(出荷)4

ついに力持ち自慢大会に様相が変わってきました。何本鯛をたもにいれ吸い取れるかを競いました。よい体験をさせていただけました。さすが大人はやすやすと何本もたもに入れるのです。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校
4/6 着任式・始業式・入学式
沼津市立西浦小学校
〒410-0234
住所:静岡県沼津市西浦平沢255-2
TEL:055-942-2004
FAX:055-942-2131

☆ご感想・ご意見をお寄せください
nisiura-e@numazu-szo.ed.jp