最新更新日:2018/09/21
本日:count up22
昨日:54
総数:102053

4年・少年消防クラブ、ビャクシン保護活動5

大瀬はダイバーのメッカです。この日も多くのダイバーが集結していました。堤防の先にいるダイバーや海岸にいる観光客にポケットティッシュを配ります。子供の活動を支えているのはやはり大人かな。

上手に子供を主役に据え、自分たちも大人になったら地元を大事にするぞ、文化財保護に役立つようにするぞという心構えが身につく活動として少年消防クラブ活動を継続させたいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4年・少年消防クラブ、ビャクシン保護活動4

無事、放水する消火訓練は終わりました。風がなく、穏やかな日だったので筒先から放水される水しぶきが返ってきて水に濡れることもなく、かぜをひく子もいませんでした。

社務所に戻りおわりの言葉です。地元西浦消防団の方面隊長、江梨自治会長、他のお話を聞き、最後にポケットティッシュを配る活動を残すのみです。ポケットティッシュにはオリジナルの世界で一つの絵柄が入っています。火の用心を呼びかけるポケットティッシュに4年生一人一人の絵を入れるアイデアは秀逸です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4年・少年消防クラブ、ビャクシン保護活動3

軽トラック消防車の後ろを4年生が駆けてきます。急いで消火訓練のホースを持たせてもらいます。水利は神池の水です。見たいという子がポースの元を見に行きます。
水圧が強くホースはぱんぱんに腫れています。何事も経験です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4年・少年消防クラブ、ビャクシン保護活動2

ビャクシンの周りのゴミをていねいに仕分けしたビニル袋に入れます。思ったより漂着のゴミが少ないのは地域がすでにゴミ拾い活動を実施した後だったからのようです。

大変です。ビャクシン樹林から煙りが立ち上っています。狭い道を地元消防団のポンプ車(軽トラック)の出動です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4年・少年消防クラブ、ビャクシンの保護活動1

1月23日、4年生は少年消防クラブ活動として大瀬のビャクシン保護活動を行いました。市教委、市消防本部、西浦消防団の指導による学習です。

社務所前で趣旨説明や学習内容の説明を受けました。さっそくビャクシンの周りのゴミを拾い環境整備活動を行いました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

4年・少年消防クラブ、大瀬ビャクシンの保護活動

4年生は1月23日(日)の午前中、大瀬ビャクシンの保護活動に行きます。活動の最後に分ける予定のポケットティッシュの絵を描きました。仕上がりが楽しみです。

ポスターを描き、活動に協力させる手法はよくありますが、ポケットティッシュの絵柄として利用する方法はよく考えられた妙案です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校
4/6 着任式・始業式・入学式
沼津市立西浦小学校
〒410-0234
住所:静岡県沼津市西浦平沢255-2
TEL:055-942-2004
FAX:055-942-2131

☆ご感想・ご意見をお寄せください
nisiura-e@numazu-szo.ed.jp