最新更新日:2018/11/21
本日:count up11
昨日:58
総数:105089

5年・社会科見学「自動車工業」3

この日のために、講師を引き受けてくださった地元のTさんはハイブリット車、電気自動車を用意してくださったのです。そして、乗せていただけました。初めて電気自動車に乗った担任は、「静か、しかもすごいパワーでびっくりしました。」と職員室で感想を口にしていました。

何より子供たちにとって将来の自動車社会が電気自動車に変わるだろうことを身をもって体験させていただけたことに感謝です。明日を作るのは子供ですから。

ありがとうございました。来年度からも5年生の社会科見学の講師をお願いしたいと切に思いました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・社会科見学「自動車工業」2

工作機械は日本の得意分野です。鉄を曲げる機械、車を乗せる機械について、さらには名前の由来について教えてもらえました。子供は機械がすきです。興味津々です。目が皿のように丸まっていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・社会科見学(自動車工業)1

1月26日(水)、5年生は地元木負にある自動車の修理工場の見学をしました。
木負の子供たちにとっては、日頃遊んでもらうとてもいいおじさんですが、この日は日本の自動車産業について実物を見せてもらいながら講義を受けることができました。

あまりのエアーの強烈さに顔を歪めた子の表情、普段のお仕事に使う機械の説明に子供たちの眼は凝視したままでした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

5年・音読

3学期早々、5年生は国語の勉強で教科書の一斉音読をしました。一斉に音に出して教科書を読むことを「一斉音読」といいます。斉藤孝が上梓した『声に出して読みたい日本語』がベストセラーになってから、すっかり声に出して読む文化の見直しが日本全体でなされました。

本来、活字を読むことは声に出して読むことを指していたのです。昔は新聞を家長が声に出して読み、家族がその話しを聞くことが一般的だったのです。むろん、ラジオやテレビが一般家庭に定着する以前の話です。

声に出して読むと読めない子にとっては重宝です。目で活字を追い、周りの音と活字を照合することが勉強としてできるからです。大いに声に出して読むべし!もちろん、立ってです。
画像1 画像1
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校
4/6 着任式・始業式・入学式
沼津市立西浦小学校
〒410-0234
住所:静岡県沼津市西浦平沢255-2
TEL:055-942-2004
FAX:055-942-2131

☆ご感想・ご意見をお寄せください
nisiura-e@numazu-szo.ed.jp