最新更新日:2018/12/12
本日:count up90
昨日:240
総数:500877
いつも金岡中のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

ふもと祭 速報!

画像1画像2画像3
 いよいよ各クラス、ふもと祭に向け、動き出しました。
朝、昼、放課後…元気の良いかけ声や美しい歌声が学校に響いています。
また、速報で子どもたちの様子をお伝えしますね。

リーダー講習会

画像1画像2画像3
 8月7日〜8日、リーダー講習会を行いました。
 参加者は生徒会役員と各専門委員長、1年から3年の各クラスの三役で、1泊2日の沼津市立少年自然の家での講習会の間に、リーダーについて、クラスの問題などを話し合い、また9月下旬に行われる「ふもと祭」の準備を進めました。どの生徒も一生懸命、自分のクラスや学校、ふもと祭を良くしよう、盛り上げようと真剣でした。
堅苦しい講習会ではなく、1日目のお昼に、雲ひとつない青空の下、緑の芝生でおいしいお弁当を食べ、夜は生徒会主催のキャンプファイヤーをしたり、楽しいこともたくさんありました。

学校教育目標

学校教育目標
 
豊かな心を持ち、『自立』をめざすたくましい生徒の育成

本校の教育課題と取り組みの具体

機 數かな心が育つ】自己と向き合う
基本的生活習慣や規範意識が希薄な生徒が見られる。こころざしを持ち、自己と正当に向かい合える生徒の育成が急務である。このような生徒に対しては、まず生徒理解を基本として、きちんと自己と向き合わせることが必要であり、居場所のある学級づくりも進めていきたい。
 さらに、自分中心の感情が前面に出たり、社会不適応を起こしたりする生徒も現存する。当然、成育歴に深くかかわることであるが、スクールカウンセラーと連携し、根気と工夫と温かさのある指導で改善を向かわせていきたい。
 育成学級は本校の誇り。いよいよ特別支援教育が本格実施に向けて動き出す。そして、そのモデル校として、リーダー的役割を担う。特別支援教育コーディネーターから特別支援教育の具体について学び、確かな実践を積んでいきたい。

供 擲悗嵶呂育つ】こころざしを持つ
学習習慣が身についていない生徒や、学ぼうとする姿勢の弱い生徒が散見される。これらの生徒に対しては、授業改善を進め、分かる楽しい授業を実践し、学ぶ楽しさを体感させることが必要である。そこで、昨年来の研修をさらに深め、生徒の学習意欲にチャレンジしていきたい。また、学習の評価に関しても、保護者に十分に理解してもらえるように啓発を進めることと、きちんとした実践を積み上げていくことに努めていく。

掘 擲悗咾鮖戮┐襦朷鮃・体力づくり
 豊かな心や学ぶ力を育くむためには、健康なからだが必要となる。近年、体力を前面に据えた行事が年々少なくなっている。そこで、現在の行事の中にチャレンジできるものを盛り込んで行きたい。また、気持ちの安定には、適切な栄養摂取と十分な睡眠時間の確保が必要であり、機会をとらえて保護者にも指導したい。AED設置など救急救命の取り組みも進めていく。

検 效楼茲棒犬る】家庭・地域との連携
下田市をはるかに上回る人口を有する金岡校区。中学生には地域から学び、地域に貢献するようにさせたい。彼らは社会的に成長しなければならない。一方、江原素六先生の教育や郷土に掛ける願いを、機会をとらえて伝えていきたい。
 中学生と地域社会との接点はまだ少ない。しかし、進路指導や心の教育などの面で期待できる部分も多いし、地域貢献は当然の義務でもある。積極的に動き働く中学生でありたい。


重要 緊急時の対応について

 東部地区に地震や、大雨警報が出された場合は、

http://www.numazu-szo.ed.jp/kanaoka-j/kinkyu/ki...

 を御覧下さい。

感嘆符 AEDの設置

画像1画像2画像3
 本年度金岡中学校では、財団法人沼津金岡奨学会の寄付を受け、“自動体外式心臓除細動器(AED)”を設置しました。
 そのため、夏季休業中に全教職員(38名)が普通救命講習兇鮗講し、「普通救命講習修了証」の発行を受けました。
 子どもたちのためにAEDを使う機会がないことを祈りますが、万一の場合、子どもたちの命を救うことができる体制が取れたのでお知らせします。
 写真は、講習会の様子や、設置したAEDの写真です。

ふもと祭

画像1
毎年恒例の学校祭。
9月22日(金)に合唱の部、24日(日)に体育の部を行います。
今年のふもと祭のスローガンは、『PASSION〜燃え上がらなけりゃ始まらねェッ!!〜』
「まさしくその通りっ!」というように、合唱練習のためや準備のために、夏休みにもかかわらず、学校に来て元気な顔を見せてくれます。
この両日は、学校を公開しておりますので是非いらっしゃってください。


校長挨拶

 はじめまして。校長の堰澤周平です。全校生徒が144名の小規模校である第一中学校から赴任してまいりました。生徒数・教員数の多さに戸惑いを感じておりますが、精一杯がんばっていきたいと思います。保護者の皆様方、地域の皆様方におかれましては、どうぞ金岡中学校の教育活動を見守り、ご理解とご支援をいただければ幸いです。

 本校は、昭和22年の新学制の実施にともない沼津市立第一中学校として開校し、昭和23年に沼津市立金岡中学校として独立して現在に至っております。歴史と伝統ある金岡中学校での私の生活は始まったばかりですが、新たな学校づくりに励んでいきたいと思っています。昭和26年の校章制定に際し、先達は3本のペンに「勇気」「正義」「真実」を、3つの山に「自由」「平和」「愛」の意味を込めたと聞いております。また、校章全体の三角形の形に、どっしりと大地に根を下ろし、腰を据えた金中生が常に理想に燃え、真理を求め、高きを仰ぎつつ前進する方向と態度を示したといいます。崇高な願い、現代でも大切にしていきたい理想、学校教育が求め続けなければならない姿が凝縮された校章と言えます。原点に立ち返り、いつの時代でも変わらぬものを大切に守りながら、新たな息吹を吹き込んでいきたい、そんな思いが自然と湧いてきます。

 さて、平成18年度の本校ですが、生徒数604名(20学級)・教職員数39名でのスタートとなりました。おかげさまで落ち着いた雰囲気の中で教育活動を展開することができております。PTA総会のおり、初めて保護者の方々にお話をする機会を得、赴任したての私は、以下のように自分の素直な感想を述べさせていただきました。
<前略>まだ金岡中学校・金岡校区のことをよく理解していない赴任したての私だからこそ言えることがあります。身内を誉めるようで恐縮ですが、3月末から4月初めにかけての会議や行事に望んでの私の感想です。
◎ 先生方は、金岡中学校に誇りを持っています。
◎ 先生方は、金岡中学校をかつての状態に絶対戻すまいと強く思っています。
◎ 先生方は、保護者の皆様と連携して、一人一人の子どものより良い姿を求めたいと思っています。
◎ 全体を見守らなければならない立場にいる先生が、リーダーシップを発揮すると同時に、周囲の先生方がよく応えています。
◎ 子ども達に年齢的に近い若い先生方が、生き生きと活動しています。

 私はこれまでの教職生活を振り返ってみますと、「思いやり」・「創造」・「協働」・「仲間づくり」と、こんな言葉にこだわってきたように思います。
生徒の活動も、教職員の活動も、思いやりの気持ちに裏付けされた仲間意識のもとで、互いの思いを出し合って、創造的な活動が展開できたら、どんなにか学校に活力が生まれるかしれないと思うからです。これからもこれらの言葉にこだわりを持って、その具現に努めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
                         平成18年
                          沼津市立金岡中学校
                                校長 堰澤周平
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
年間行事予定
4/5 始業式 入学式
4/6 生徒会入会式 部活オリエンテーション
沼津市立金岡中学校
〒410-0042
住所:静岡県沼津市神田町4-1
TEL:055-921-1558
FAX:055-921-1990

☆ご感想・ご意見をお寄せください
kanaoka-j@numazu-szo.ed.jp