最新更新日:2019/01/18
本日:count up12
昨日:248
総数:507192
いつも金岡中のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。インフルエンザ・かぜが流行り始めています。うがい手洗いをこまめに行いましょう。

1月10日 今日の給食

今日の給食は、

 ・二色丼(そぼろ、炒り卵)
 ・茹でブロッコリー
 ・味噌けんちん汁
 ・牛乳 です。

いただきます。
画像1

1月10日 3時間目の様子

今日は、1,2年生が静岡県学力診断調査、3年生が実力テストを行っています。
画像1
画像2
画像3

1月9日 今日の給食

今日の給食は、

 ・鱈の味噌焼き
 ・きんぴらゴボウ
 ・お雑煮
 ・米飯
 ・牛乳 です。

いただきます。
画像1

1月8日 2年生百人一首大会

12月に予選会を行い、今日のグループを決めました。
先生方が交替で読み札を読み、生徒は元気よく札を取っています。
画像1
画像2
画像3

1月8日 2年生百人一首大会

6時間目の2年生は、体育館で百人一首大会を行っています。
画像1
画像2
画像3

1月8日 本日の給食

本日より3学期の給食がスタートします。
メニューです。

・米飯 ・牛乳 ・鮭と野菜のケチャップあえ
・うずらとわかめのすまし汁 ・みかん

いただきます。
画像1

1月8日 3時間目の授業

1Dは、国語で中学に入学してから今までの学習の復習を行っています。加藤大先生の話に真剣に耳を傾けています。
2Bは、理科で「電気エネルギー」について学んでいます。
3Fは、三平方の定理について、具体的操作を行いながら追求しています。
画像1
画像2
画像3

1月8日 3時間目の授業

G組は、太鼓の授業を行っています。
金岡奨学会様からの寄贈で、G組の全員が太鼓を使って練習をすることができています。
画像1
画像2

1月8日 プールの西側 ブロック塀工事

プールの西側のブロック塀工事の様子です。
近隣の皆様には、大変ご迷惑をおかけ致します。
よろしくお願い致します。
画像1
画像2
画像3

1月8日 3時間目

3Cの男子は、保体の時間の中で身体測定を行っています。
3学期に入り身体測定を始めましたが、3年生は今回が最後の測定になります。
画像1
画像2

始業式 代表生徒の言葉

2年D組 藤巻愛咲

三学期の抱負

 私が三学期に頑張りたいことは、三つあります。一つ目は勉強です。よく二年生は中だるみの時期と言われますが、私も一年生の頃に比べて勉強をする時間が短くなってしまいました。テスト期間でも、とりあえず課題をしっかりやればよいという気持ちが強くなり、思ったような成績がとれずにいました。しかし、私も四月になったら最上級生になります。三年生になると、定期テストの勉強に加え、受験勉強もあります。今、勉強を頑張らないときっと後で苦労するのは自分です。そうならないために三学期からでも予習、復習を怠らず、日々努力していきたいと思います。
 二つ目は部活です。私は吹奏楽部に所属しています。三学期は吹奏楽部にとってかなり忙しい時期です。今月末に行われる大会や、成人式での演奏、スプリングコンサートがたくさんあるからです。中でも私は今月末の大会に出場します。十二月にも似たような大会があったのですが、そこでは思う結果がとれなかったので今回は金賞を絶対にとりたいと思います。そのために私は基礎練習に力を入れたいと考えています。ロングトーンやタンキングといった基礎練習こそが曲を作るうえで最も大切だとこの一年半で実感しました。だから、もっと基礎をみがいて誰もが良い演奏だったと思えるような演奏をしたいと思います。
 三つ目は健康に過ごすことです。私は運動をすることが苦手であり、運動をすることがあまり好きではありません。でも冬は体調を崩しやすいので適度な運動を心がけ、毎日健康で過ごせるように努力していきたいと思います。
 三学期は勉強と部活の両立を図り、決めたことは最後まで手を抜かずにやりきるということを目標に生活していきたいと思います。
画像1

1月7日 避難訓練

火災を想定した避難訓練を行いました。
素早い動きで無駄口もなく、校舎からグランドに避難できました。
画像1
画像2
画像3

始業式 校長式辞

校長先生から「情けは人のためならず」の意味について、お話しいただきました。

画像1
画像2

始業式 代表生徒の言葉

3年F組 石川凪紗

『悔いを残さない』

これが私の三学期の一番の目標です。私たち三年生にとっては、中学校生活、最後の学校生活がやってきました。私は、全てのことにおいて、悔いを残したくないと思います。
まずは、仲間との思い出作りです。
今はまだ、実感がわきませんが、好きな仲間ともあと3ヶ月後には、別々の道に進むことになります。
三学期は、あっという間に過ぎてしまいます。忙しい毎日ですが、一日一日を大切に過ごし、クラスの仲間とたくさんの思い出を作りたいです。
そして、三学期には、最大の難関の受験が控えています。
だから、最も悔いを残したくないのは、学習です。ある先生が私にこんなことを教えてくださいました。
「勉強は、強制的にやらされるものだ。しかし、学習は、自ら学ぶものだ。誰かにやらさされるものではなく、自分のために学習する。自分で、できるようになる問題を増やす。私は、先生の言葉を聞き、勉強への意識を変えることができました。
どんなに辛くても、自分が納得し、やりきったと言えるまで、日々学習していきたいです。これだけやったから大丈夫と自信を持って、受験当日を迎えたいです。
私には、大きな夢があります。その夢へと一歩近づくために、第一志望校に合格できるように頑張りたいです。
卒業式の日、中学校生活をやりきったと笑顔で迎えられるように、残り少ない学校生活の一日一日を大切に、精一杯頑張っていきたいです。

画像1

始業式 代表生徒の言葉

1年A組 高橋 俐子

 私は二学期に学級副委員長と学年副委員長になりました。学級では最初、なかなかクラスをまとめることができませんでした。だから私は、自分の声のかけ方を見直し、工夫しました。例えば「早く席に着いて」という言い方から「そろそろ時間だから席についてね」という言い方にしてみました。すると、それまで話をしていた友達が、私の呼びかけに気がつき、「ごめんなさい」と言いながら席についてくれました。
 そのとき私は「思いやり」という言葉を思い出しました。自分の目線で話すのでは無く、相手の気持ちを考えて話すことで、クラスをまとめる第一歩を踏み出すことができました。三学期は副委員長として「思いやり」を意識して様々な活動に取り組みたいと思います。
 そして、私にはもう一つ三学期に意識したいことがあります。それは自分のやることに責任を持つということです。私が所属する吹奏楽部では、ひとり一人が自分の役割を果たし、一つの曲を作り上げていきます。そのために「自分の音に責任を持つ」ということが課題です。私は曲の最後まで気を抜かず丁寧に音を出すことが、まだできていません。練習はもちろん、楽器の扱いや、先輩へのあいさつを丁寧にすることで自分の弱さを克服し、自分の音に最後まで責任が持てるようになりたいと思っています。
 この三学期が終わると、私たちは二年生になり後輩ができます。「思いやり」を意識し、自分の仕事に責任を持って取り組むことで、自信をもって手本を示すことができる上級生になりたいです。

画像1

始業式 代表生徒の言葉

3年G組 芹澤心統

三学期の抱負

 僕が三学期に頑張りたいことは、三つあります。
 一つ目は、金中太鼓です。太鼓の練習は、二学期から毎日練習を続けてきました。G組の仲間全員で心を一つにして、悔いのない最高の演奏が出来るように頑張りたいです。二つ目は、日生です。僕はもともと走ることが得意ではありませんでした。しかし、毎日練習して、少しずつタイムが縮まってきました。目標は、六分を切ることです。三つ目は進路です。今は苦手な国語を頑張っています。分からないこと、難しいことがたくさんありますが、必ず克服して合格できるよう頑張ります。
 三学期は、中学校生活最後の学期です。卒業までの日々を、悔いのないように頑張っていきたいです。

画像1

始業式 校歌

この体育館で、全校生徒がそろって歌う「最後の校歌」になるかもしれません。
みんなで凜とした雰囲気の中、気持ちよく歌いました。
式典の伴奏担当が、2年生の上原君に交替しました。
画像1
画像2

始業式 表彰

静岡県席書コンクール最優秀賞 
 橘菜々さん・七戸音葉さん
沼津市スポーツ祭空手道競技大会組手中学男子の部
 第2位 松井雄太さん
 第3位 伊東快さん・鈴木翔太さん
画像1
画像2

男子バレー部 ニューイヤーカップ

男子バレー部はニューイヤーカップに出場しています。
県外からも参加があり、お互いの力量を高める目的で開催しています。
画像1
画像2
画像3

元旦歩こう会 初日の出

東の空が少しずつ明るくなってきて、やがて雲の切れ目から、太陽が顔を出しました。
初日の出です。
今年一年の金岡中生の 健康と活躍を祈念しました。
画像1
画像2
画像3
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
年間行事予定
1/23 学年朝礼(2年) 愛鷹分校入試

学校だより

生徒指導便り

PTA

お知らせ文書

沼津市立金岡中学校
〒410-0042
住所:静岡県沼津市神田町4-1
TEL:055-921-1558
FAX:055-921-1990

☆ご感想・ご意見をお寄せください
kanaoka-j@numazu-szo.ed.jp