最新更新日:2021/03/03
本日:count up70
昨日:293
総数:181269
“美しいこころ”日本一 〜こころを磨く凡事徹底〜   自ら光を放ち、自ずと他者を輝かす“キラキラ☆煌めく人”

2/16(火)1B家庭科

作成した「防災カルタ」を紹介し合った後、「食生活と自立」について学習しています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2/16(火)2A国語

発表者が前に出て、仲間から意見をもらっています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2/16(火) 3A数学

公立高校入試問題を解答し、互いに教え合っています。3年生の合い言葉は「受験は団体戦」です。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2/16(火) 1A技術科

本箱を製作しています。主に接合部のけがき、釘打ちの作業を進めています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2/16(火)今日の富士山

今朝の景色
画像1 画像1

2/16(火) LOVE。。 31

画像1 画像1



美しさというものは、

修行を必要とする。

それは、

きれいさと異なって、

上から塗って安易に出現するものでも、

お金で買って身につけるものでもなくて、

長い年月をかけて磨きこまれたものであり、

内から輝き出るものでしかない。



BY 「心に愛がなければ」 渡辺和子



2/16(火) LOVE。。 30

画像1 画像1




「ねえ、プペル、『ホシ』って知ってるかい?」



「ホシ?」



「この町は煙でおおわれているだろ?

 だからぼくらには、みることができないけど、

 あの煙のうえには『ホシ』と呼ばれる、

 光りかがやく石っころが浮かんでるんだ。

 それも一個や二個じゃないよ。

 千個、一万個、もっともっと」



「そんなバカなはなしがあるもんか。

 ウソっぱちだろ?」



「・・・ぼくの父さんが、その『ホシ』をみたんだ。

 とおくの海にでたときにね、

 ある場所で、

 頭のうえの煙がなくなって、

 そこには光りかがやく『ホシ』が

 たくさん浮かんでいたんだって。

 町のひとはだれも信じなくて、

 父ちゃんは

 うそつき呼ばわりされたまま死んじゃったんだ。

 でも、父ちゃんは

 『煙のうえにはホシがある』っていってね、

 ホシをみる方法をぼくにおしえてくれたんだよ」
 


ルビッチはくろい煙をみあげていいました。

「『信じぬくんだ。たとえひとりになっても』」




BY 「えんとつ町のプペル」 西野亮廣



2/16(火) LOVE。。 29

画像1 画像1




私は、日々


私自身の神話を創っているのです。



BY 「 日本一短い手紙 私へ 」 女性 63歳



2/15(月) 1B保健体育

倒立前転に取り組んでいます。パソコンの録画機能を活用し、自分の動きを分析しています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2/15(月) 1A音楽

パートごとに分かれ、合唱のパート練習を行っています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2/15(月)3A国語

公立入試に向け、他県の入試問題に挑戦しています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2/15(月)2A社会

「北海道地方」を学習しています。山脈の分布を考えながら、北海道の気候の特徴を考察しています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

2/15(月) LOVE。。 28

画像1 画像1





お母さんのその笑顔 見ているこっちも また笑顔



釣りから帰ってきて

うれしそうに魚を見せる 世界一のお父さん



母よ

手抜きはダメよというけれど

あなたも充分手抜きです。



お母さんがつくるご飯は

味が薄すぎたり濃すぎたり。

でも そんなご飯が わたしは一番好きです。



お母さん

わたしが作ったご飯

無表情で「おいしい」って言わないで。



父よ

あなたが僕にくれたもの

パチンコの景品と愛情です。



どんなに怒っても 次の日にはいつも通り

お母さん ありがとう。



お母さん 女同士

いつかはわたしの彼の話をたくさん聞いてね。



父よ!

知ってますよ あなたの酒のかくし場所



「ねぇ お母さん」って言っただけで、

「ダメッ」って言うけど

わたし まだ何も言ってないよ!



母よ

一度に違うことをたくさん言わないで

わたしには手と耳が二つずつしかありません。



お母さん

「反抗期だから」で全てかたづけるのはやめて

こっちにも事情があるんだよ。



お父さん

家では邪魔者あつかいされてるけど

みんな尊敬してるんだよ。

いつも ありがとね。



母よ

わたしはいつも あなたの背中を追いかけています。

いつまでもあなたの後ろを走らせてください。



母さんののり弁当は 母さんの味

世界で一つだけの味 わたしだけの味



お母さん

「お年玉は貯金した」と言っているけど

生活費になっているって本当ですか?



休みの日には 早く起きてバイクで伊豆一周

そんな若いお父さんがカッコイイ



「もう うちの子じゃない! 出て行きなさい!」

「もう 家の中に入りなさい」

どっちなの? お母さん



お母さん

最近

怒ってくれる人がどれほどありがたいか

気づいたよ。

ありがとう



お父さん お母さん いつも本当に仲良しだね。

二人で仕事をする姿は とってもかっこいい

うらやましいな。



母よ

ドラマを見ながら 大号泣するのはやめて下さい。

あなたの泣き声で 何も聞こえません



父よ

わたしの口の悪さ あなたから受け継いだということ

お願いだから 気づいてください。



お母さん

あなたの声はいやに説得力がありますね。

わたしは 両手両足つかまれた気持ちになります。



お母さん!

言うことが矛盾だらけです。

何を言っているのかさっぱりわかりません。

だけど その矛盾だらけの言葉に 感謝しています。



父よ

写真を見て ビックリしました

今の僕は 昔のあなたですね。



父よ

楽しい食事の時に

冷めたダジャレを言うのは やめてくれ

会話が止まる。



お母さん あなたの寝言 「勉強しなさい!」

寝てる時くらい 許して下さい。



母よ

「良く生んだのに

 どうしてこんなに育ちゃったのかなあ」

育てたのは貴女です。



母は僕にとって 魔法使いみたいな存在

だって 幸せにしてくれているもん。



あなたのソフトの会合は飲み会ですか お父さん



母さん めちゃ嫌い めちゃ好き



父よ 禁煙一周年おめでとう がんばったで賞



母よ

「がんばったじゃん」って

わたしもあなたのド根性に負けられません。



お母さんの「行ってらっしゃい」の一言

今日を頑張る栄養剤



お父さん

厳しい言葉 いつまでも続けてください。

その厳しさが 僕の心を強くします。



母よ

電話に出るとトーンが上がる

オレと分かるとトーンを下げる

オレと話すのそんなに嫌か!



母よ

勉強しろと言いますが あなたの息子を信じなさい。

見てない所で がんばっています。



お父さん お母さん

外見も中身も デコボココンビだけど

わたしから見たら 最高の夫婦だよ。



お母さん

ゴキブリ素手で潰すなよ 飯がくえねえ。



お父さん

無口な人だけど 背中から多くを学んだよ。

ありがとう



お母さん

あなたのガチガチの肩は 苦労のしるし

いっぱい 苦労かけちゃってるね。



父の存在 落ち着くなあ・・・ありがとう



お母さん

自分の失敗を元気よく話す。

そんなお母さんが 大好きです



父よ

「かぜの薬」と言いながら

酒を飲むのはやめましょう。



お母さん

悪いことをしたら ひっぱたく

わたしは それで鍛えられます。



お父さん!

教えてくれた数学の問題 まちがってました。



お父さんのピーマン嫌い

お母さんのエビ嫌い

ぼくは両方嫌い

やっぱり ぼくは二人の子



近所の人に

お父さん似だっていわれて とてもうれしかった。

ほんとうだよ。



お父さん

本当の仕事はなに?

大工?

それとも パチンコ?



母よ!

「誰に似たのかしら」

まぎれもなく あなたです。



父よ

いつも反抗しているけど

僕は その大きな背中を 目指してる。



お母さん!

お父さんがいなくなると喜ぶのは

どうかと思います。



父よ!

あなたが入った後のトイレは立入禁止区域です。



お母さん

うるさい! ウザイ! キライ!

でも やっぱり好きなんだなぁ



父よ

勉強のことで自分の分からないところを聞くと、

「ワタシ ニホンジンジャ アリマセーン」と言って

逃げるのはやめてください



「オレに似たらカッコよかったのに」という父

おれはあんた似だよ。



母よ

迷っているとき 必ず手を差しのべてくれるよね。

「ありがとう」



わたしが 「仕事 お疲れ様」と言うと

少し照れくさそうに笑う父 大好き



お母さん「ありがとう」 感謝してます

でも ごめん 当分言葉で言えそうもない。



お父さん

あなたは かっこうよくもない

ろくでもないオヤジです。

でも 私は そんな父の娘でうれしいです。



わたしの秘密は いっぱいあります

そのうち一つは お母さん大好き

もっともっと話したいなあ。



お父さん

二十歳になったら

一緒においしいワイン 飲もうね。



お父さんの背中って そんなに小さかった?

わたしが小っさい時は

誰よりも大っきく見えたのにな・・・



お父さん

あなたは人生の目標です



お母さん

あなたの恵みの雨があるからこそ 僕は育ちます。



お父さん

いつもは恥ずかしくて言えないけど 大好きだよ。



お母さん

産んでくれてありがとう 育ててくれてありがとう

僕は あなたの子で 良かったです。



2/15(月) LOVE。。 27

画像1 画像1





魂の約束



私たちは生まれるとき、

神様から魂をいただきました。

みんなその魂を、自分の真ん中においています。

魂は磨けば磨くほど光ります。



漢字の練習を一生懸命しました。

魂は昨日より光ります。

電車でおじいさんに席をゆずりました。

魂は昨日より光ります。

弟におやつをあげました。

魂は昨日より光ります。

今日はごめんねが言えました。

魂は昨日より光ります。

あの人にありがとうが言えました。

魂は昨日より光ります。

努力をすることや、

誰かや何かに優しくすることは、魂を磨きます。



けれど、

努力をすることや、優しくすることだけではなく、

楽しいこと、

うれしいことも、魂を光らせることが分かりました。

友だちと楽しく大笑い。

魂は昨日より光ります。

誕生日のプレゼント。

魂は昨日より光ります。

楽しいことやうれしいことも魂を磨くと知って、

私はなんだかホッとしました。



ある日、そうじをさぼって友だちと遊びました。

友だちと楽しく大笑い。

けれどその日、自分の中の魂を見て驚きました。

あんなに楽しく笑ったあとだったのに、

魂は、光るどころかくもっているのです。



ある日、友だちからネックレスをもらいました。

お店から盗ってきたネックレスだと言います。

ほしかったものなので、

よく考えもせずにそれを受け取りました。

その夜、魂を見てみたら、

その日もまた魂は、昨日よりくもっていました。



ある日、一人が言いました。

ねぇ、あの子、はぶかない?

あっという間に、

その子はひとりぼっちになりました。

私は、その子をひとりぼっちにさせる側にいました。

その輪の中で私には、急に仲間が増えました。

新しくできた仲間とともに、

おもしろおかしく過ごしました。

そんな日々を送る中、

私は久し振りに、自分の中の魂を見てみました。

私の魂は真っ黒になっていました。

私は、自分の魂の色を見て、

とてもおそろしくなりました。

楽しいこと、うれしいことの中にも、

魂をくもらせること、

魂を濁らせることもあると分かりました。

楽しいこと、

うれしいことには、2種類あると分かったので、

これからは、

気をつけていかなければならないと思いました。



毎日魂を磨き、毎日魂の様子を見ているうちに、

私は不思議なことに気がつきました。

磨いたつもりのない日でも、

魂の輝きが、増しているときがあるのです。

そういう日の一日を振り返ってみると、

その日は、

きれいな花を見たり、美しい夕焼けを見たり、

そういう日だったことが分かってきました。

映画を見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり、

そういうことでも魂を、磨くことができるのです。

楽しいことやうれしいこと、

目にした景色や、

聞こえてくるメロディ、あたたかな言葉。

その日その日のなんでもないことも、

私の魂を磨き続けてくれたのです。



できるだけ魂を光らせようと、

毎日を送っていましたが、

ある日、

私は少しだけ疲れてしまいました。



夢の中で私は、神様に会いました。

夢の中で私は、神様に聞いてみました。

神様、私はいつまで魂を磨けばいいのですか。

私の魂は、いつ完璧に美しくなるのですか。

神様は言いました。

あなたは、

あなたの最後のひと呼吸まで、魂を磨き続けなさい。

みんなその約束をして、

地上に生まれているのですよ。

でも、神様、磨き終わらないうちに、

最後のひと呼吸がきたら、どうすればよいのですか。

心配しなくて大丈夫。

あなたの魂は、最後のひと呼吸のとき、

必ず、最高の光を放ちます。



神様、私にはその自信がないのです。

あなたは、毎日魂を磨いています。

だから大丈夫。

最後のひと呼吸のとき、

魂はそれまでで一番美しい姿を見せてくれます。

何も心配いりませんよ。

あなたの魂は毎日、

昨日より輝きを増しているのです。

ときどき、

自分の魂を、離れたところから見てごらんなさい。

あなたの魂があなたの体を越えて、

まわりに光を与えていることにも、

気づくことができるでしょう。

このごろでは、あなたの魂の輝きで、

道を明るくする人も増えてきました。

さぁ、戻って、魂を磨いてきなさい。

毎日を楽しくうれしく感謝の気持ちで送るのですよ。

そうするとあなたの魂は、

キラキラと光を強くしていきます。



あなたがここに来るのは、まだまだずっとずっと先。

あなたの人生を、楽しんでいらっしゃい。

あなたがどんなに素晴らしい魂を持って、

ここに帰ってくるか、

私はそれを楽しみにしています。



目が覚めた私は、

それまで気づかなかったことに気づきました。

昨日より今日。

今日より明日。

私の魂は輝きを増し続け、

毎日新しく生まれ変わります。

そして必ず、その日の魂が1番光る魂。

少しの努力、

優しい気持ち、

そして、うれしいこと、楽しいこと。

日々の中に散りばめられた美しいもの。

神様との約束を思い出したので、

私は、

なんにも心配しないで、

毎日を送っていくことができそうです。

なんにも心配しなくても、

私の魂は、

昨日より光ります。

光り続けます。



BY 「魂の約束」 醍醐千里



2/15(月) LOVE。。 26

画像1 画像1




名づけられた葉



ポプラの木には  ポプラの葉

何千何万芽をふいて

緑の小さな手をひろげ

いっしんにひらひらさせても

ひとつひとつのてのひらに

載せられる名はみな同じ



わたしも

いちまいの葉にすぎないけれど

あつい血の樹液をもつ

にんげんの歴史の幹から分かれた小枝に

不安げにしがみついた

おさない葉っぱにすぎないけれど

わたしは呼ばれる

わたしだけの名で  朝に夕に



だからわたし  考えなければならない

誰のまねでもない

葉脈の走らせ方を  刻みのいれ方を

せいいっぱい緑をかがやかせて

美しく散る法を

名づけられた葉なのだから  考えなければならない

どんなに風がつよくとも



BY 新川和江



2/14(日) LOVE。。 25

画像1 画像1




All you really need is love,

but a little chocolate now and then doesn't hurt

by Lucy



本当に必要なのは愛だけ。。

でも、たまには、

ちょっとチョコレートがあっても、いいけどね。

by ルーシー



BY 「ピーナッツ」 チャールズ・モンロー・シュルツ



2/13(土) LOVE。。 24

画像1 画像1





動詞「ぶつかる」



ある朝

テレビの画面に

映し出された一人の娘さん

日本で最初の盲人電話交換手



その目は

外界を吸収できず

光を  明るく反映していた

何年か前に失明したという  その目は



司会者が  通勤ぶりを紹介した

「出勤第一日目だけ  お母さんに付き添ってもらい

そのあとは

ずっと一人で通勤してらっしゃるそうです」



「お勤めを始められて  今日で一ヶ月

すしづめ電車で片道小一時間・・・・・・」

そして聞いた

「朝夕の通勤は大変でしょう」



彼女が答えた

「ええ  大変は大変ですけれど

あっちこっちに  ぶつかりながら歩きますから、

なんとか・・・・・・」



「ぶつかりながら・・・・・・ですか?」と司会者

彼女は  ほほえんだ

「ぶつかるものがあると

かえって安心なのです」



目の見える私は

ぶつからずに歩く

人や物を

避けるべき障害として



盲人の彼女は

ぶつかりながら歩く

ぶつかってくる人や物を

世界から差しのべられる荒っぽい好意として



路上のゴミ箱や

ボトルの突き出ているガードレールや

身体を乱暴にこすって過ぎるバッグや

坐りの悪い敷石や焦々した車の警笛



それは  むしろ

彼女を生き生きと緊張させるもの

したしい障害

存在の肌ざわり



ぶつかってくるものすべてに

自分を打ち当て

火打ち石のように爽やかに発火しながら

歩いてゆく彼女



人と物との間を

しめったマッチ棒みたいに

一度も発火せず

ただ  通り抜けてきた私



世界を避けることしか知らなかった私の

鼻先に

不意にあらわれて

したたかにぶつかってきた彼女



避けようもなく

もんどり打って尻もちついた私に

彼女は  ささやいてくれたのだ

ぶつかりかた  世界の所有術を



動詞「ぶつかる」が

そこに  いた

娘さんの姿をして

ほほえんで



彼女のまわりには

物たちが  ひしめいていた

彼女の目配せ一つですぐにも唱い出しそうな

したしい聖歌隊のように



BY 吉野弘



2/13(土) LOVE。。 23

画像1 画像1




ペンギンの子が生まれた



ペンギンの子が生まれた


父さんと母さん

それぞれのおじいさんとおばあさん

さらにはひいおじいさんとひいおばあさん と

ほんの25代さかのぼっただけで

この子の両親を始めとする祖先の総計は

六七一〇万八千八百六二羽になる

そのうちのどの一羽が欠けても

この子はこの世に

現れなかった


ペンギンの子が生まれた



BY 川崎洋



2/12(金) LOVE。。 22

画像1 画像1





The Healing Cat



ぼくは、ブルーキャット。

みんなは  ぼくをヒーリング・キャットって呼ぶ。



さみしかったら、

いつでも  ぼくを呼んで!



ぼくは、いつも

きみの  すぐそばに  いる  からね。



ぼくに、ふれて、

やさしく  そっと  だきあげて!



ぼくは、そうして  ほしいんだ。

きみも、そうでしょう?



自分を  そんなふうに

大切にしなくちゃね。



だれかのこと  気にしてるね。

自分のことを  悪く思ってないかって。



だいじょうぶ。

だれも  何とも思ってないって!



気にしない、

気にしない。



みんな、きみが

思っているほど  気になんか  してないよ。



しなくちゃ  いけないことが

どんなに  たくさん、あったとしても

できる  ことから、

ひとつ  ひとつ  やっていけば、いいんだよ。



自分らしく  生きるのが

いちばん  いいんだ。



でも、きみは、

ほんとうの  自分を  知っているかな?



自分らしく  生きるには、

まず自分自身を  よおく知らなくっちゃね。



自分が  どんな人間なのか知るには、

自分を見つめる必要がある。



さあ、ひとりになって。



しずけさの  なかで、

心の声に  耳をすませて  ごらん。



みんなと  同じように

しなくても  いいんだよ。



みんなが  思っている  ように思い、

みんなが  やっている  ようにやるなんて、

つまらないでしょう?



きみは、

きみらしく!



もっと自由に  生きれば、

いいんだよ!



きみは、苦しむために

この世に  生まれて  きたんじゃない。



生きることの  すばらしさを

味わうために

この世に  生まれて  きたんだ。



だれも  きみを

苦しめる  ことなんて、できない。



きみは、自分で自分を

苦しめている  だけなんだ。



「もう、苦しまなくて、いいよ」

そう、自分に  言ってあげなさい。



だいじょうぶ。

きっと、うまくいく。



もう  心配しなくて  いい。

なんとかなるさ!



つかれたら、休んで

いいんだよ。



そしたら、また  元気も、

やる気も  出てくるさ!



自分ひとりで  何もかも

引きうけないで。



だれかに  助けて  もらって

いいんだよ。



きみを  助けて  くれる人は

かならず  あらわれる。



きみは、守られている。



思い出してごらん。



今までだって  いつも  だれかが

きみを  助けてくれて  いたでしょう?



今も、そして  これからもそうさ。



きみは、愛されている。



うそじゃない。



ほら、こうして  生きてるってことが、

その証さ!



夢を  見なさい。

すてきな  夢を。



そして、その夢を

かなえなさい。



ぼくが、手つだってあげる。



ぼくは 知っている。

きみが  何かを  もとめているってことを。



でも、きみに  必要なものが  何かは、

きみ自身が  いちばんよく知っているはずさ。



新しいこと  こわがらずに、

やって  みたら、いいんだよ。



いやがらずに、やって  みれば

ほら、やれるってことが  わかるじゃないか。



生きかたを

変えたい?



じゃあ、まず考えかたを

変えるんだね。



それが  新しいきみ、そして

新しい人生の  はじまりさ。



ぼくを  見て!

ぼく  なにも  持ってないけど、

ぜんぜん  へいき!



今、持っているもので

まんぞくすることが  大切さ!



持ちものは  すくなければ、すくないほど

生きていくのが  楽なんだよ。



生きているのが、つまらないなんて

言わないで!



花は、なぜ、あんなに  きれいなの?

空は、なぜ、あんなに  青いの?



夕やけは、なぜ、

あんなに  美しいの?



星の  かがやき、

流れる  雲を  見てごらん



人は、なぜ、ほほえむの?

人は  なぜ  泣くの?



愛って、なあに?

人生って、なあに?



この世には  美しいものや  ふしぎなことが

こんなに  たくさんあるんだ。



ちっとも  つまらなくなんか、ないでしょう?



過ぎたことは  もう  おしまい。

ほら、笑って、前を向いて、歩いていこう!



きみは、ひとりぼっちじゃないよ。

ぼくが  いる  じゃないか!



今日のことは、すべて忘れて、

ゆっくり  おやすみなさい。



明日になれば、また

新しい一日が  はじまる!



さみしかったら、

いつでも  ぼくを呼んで!



ぼくは、いつも

きみの  すぐそばに  いる  からね。



BY 葉祥明



2/12(金)1A・1B合同 総合的な学習の時間

A・B組混合の小グループになり、大平中学校で自分たちができるSDGsについて考えています。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
沼津市立大平中学校
〒410-0821
住所:静岡県沼津市大平1144
TEL:055-931-5021
FAX:055-931-5029

☆ご感想・ご意見をお寄せください
oohira-j@numazu-szo.ed.jp