Warning: getimagesize(/var/www/html/weblog/system/swas_sys/data/schools/numazu411/files/2/6/101731.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /var/www/html/weblog/system/swas_sys/app/swa/renderer/SWABlogRenderer.php on line 535
沼津市立大平中学校
最新更新日:2017/12/08
本日:count up12
昨日:31
総数:58600
ようこそ 大平中学校へ

校区の概要

位  置 東経138度54分  北緯35度0分
面  積 約5.87k
人  口 4,302人(平成19年度現在) 生徒数109人(平成22年度)
交  通 JR沼津駅へ7.2km
三島駅へ6.1km
伊豆仁田駅へ4.6km

【地域のあらまし】
 平安朝末期(1182年)、星谷・土屋・今井の三氏が居住し、田畑4町5反を開拓し始めた。
【名 称】
 今から660年前、建武2年(1235年)大きな平らな土地があることから、『大平の郷』と名付けられた。
【変 遷】
 1183年、北条時政の臣、東山民部の領土になり、新城に関を作り関守が置かれた。のち、今川義元の領土になる。1603年、徳川の天領となり、代官中村彦右門の支配所となる。明治22年、市町村制がしかれて駿東郡大平村となり、昭和30年4月1日に沼津市と合併した。
【水 害】
 昔より大水害が多く、その度ごとに堤防の補修や新城橋工事の災録が残っている。明治40、43、大正3年の連続出水、昭和13年の出水と狩野川台風による風水害、七夕豪雨の異常出水は特にひどかった。近年、地区民の永年の願いであった江川の揚水ポンプが完成した。        
【区 民】      
 純朴で親しみやすく、協調性も豊かである。また、勤労を尊びよく働く。自治会活動やコミュニティ活動が盛んであり、教育にも関心が高く、学校にも協力的で進んで奉仕する。最近、地域の周辺にも工場が増え職場が得やすくなってきたので、両親が共働きにでる家庭が目立って多くなった。また、宅地化の傾向が進み、地域の様相が変わりつつある。

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
4/6 始業式  入学式  
沼津市立大平中学校
〒410-0821
住所:静岡県沼津市大平1144
TEL:055-931-5021
FAX:055-931-5029

☆ご感想・ご意見をお寄せください
oohira-j@numazu-szo.ed.jp