最新更新日:2017/02/14
本日:count up2
昨日:66
総数:226215
寒い毎日が続いていますが、生徒たちは元気に登校しています。「画竜点睛」を意識して、年度のまとめをしていきましょう。

2月14日朝礼

 本日の朝礼は、例年通り放送による朝礼を行いました。放送により流れてくる文章「言葉の力」を集中して聴き、それを原稿用紙に書いていくという方法です。生徒が集中してシャカシャカと音を立てながら全員で書き込んでいく姿には感動しました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

入学説明会

 2月9日(木)、冷たい雨が降る中でしたが、原小・原東小の6年生及び保護者が来校し、体育館において入学説明会が開催されました。インフルエンザの蔓延のため、授業参観・部活見学を行うことができませんでしたが、原中学校を知るよい機会になったと思います。新入生として4月に元気よく入学してくる姿を期待したいです。
画像1 画像1
画像2 画像2

授業参観&学校評議員会

2月7日(火)は1,2年生の授業参観会が予定されていましたが、1年生にインフルエンザ罹患者が多く、1年生は学年閉鎖となってしまいましたので、2年生のみの授業参観となりました。また、当日は、学校評議員の皆様も来校され授業参観をしていただきました。2年生が落ち着いて授業に臨んでいる姿に安堵感を持ちました。
画像1 画像1
画像2 画像2

2月10日の予定について

1年生の皆さんへ
2月10日(金)の予定は次の通りです。
1A 体 数 社 国 英   1B 体 音 英 数 家 
1C 社 英 国 理 技   1D 技 国 数 家 社 

2月10日(金)は5時間で部活動は実施します。ただし、無理をしないようにしましょう。
閉鎖期間中に感染がわかった場合は必ず学校に連絡してください。
朝、検温をして、37度以上ある場合は登校を控えるようにしてください。

潮騒第11号

 本日、潮騒11号を発行しました。読みにくい場合は、配布文書にPDFファイルを置いていますので、そちらでご覧ください。
画像1 画像1
画像2 画像2

3年C組の皆さんへの連絡

3年C組の皆さんへ連絡します。
2月2日(木)の予定は
国 理 美 英 社 総合です。
公立の願書指導を行うので、黒のボールペンを持参してください。
(出席停止者は後日個別に指導します。)
集金を持ってきてください。

以上よろしくお願いします。

3年生 2月1日の予定と連絡

3年生の皆さんへ

2月1日(水)の予定はつぎのようになります。

3A 数 数 国 社 理 英
3B 社 英 数 体 数 理
3D 数 社 理 国 英 体
3E 理 社 英 数 国 体 
 
2月1日の朝、体温を測り、37度以上の場合は登校を控えてください。
集金を忘れないようお願いします。

 3年C組は、インフルエンザ感染者が多いので、2月1日は学級閉鎖とします。
 集金は2月2日に担任で行いますので、集金当番はなしとなります。 

サッカー健全育成杯

 本日(1月22日(日))、愛鷹運動公園サッカー場において、健全育成杯サッカー大会が行われました。本校サッカー部は強敵アスルクラロ沼津と対戦し、惜しくも0対1で敗戦しました。一人一人の選手が体を張ったプレイで必死に取り組んだ姿が印象的でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第63回沼津市駅伝大会

 本日(1月22日(日))、愛鷹広域公園において、第63回沼津市駅伝競走大会が行われました。本校からも男子6チーム(野球部AB、バスケット部ABC、陸上競技部)、女子7チーム(ソフトテニス部ABCD、陸上競技部ABC)が参加し、原中生の姿が多く見受けられました。多くの選手の汗が光っていました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

沼津市小中学校美術展

 本日(1月21日)、明日(1月22日)、沼津市民文化センターにおいて、沼津市小中学校美術展が開催されています。本校からも多くの作品が写真のように出品されています。
お時間がありましたらお出かけいただき、鑑賞してください。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

1年生百人一首

一層寒くなり手がかじかむ中、本日1月17日(火)に各クラスの生徒対抗で百人一首大会が行われました。生徒達は、上の句が詠まれた段階で取れるように事前に覚え、我先にと白熱していました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

お年玉プレゼント(荒川祐二様講演)

 「お年玉プレゼント」として、荒川祐二様をお迎えして、「半ケツとゴミ拾い」という演題で熱く語っていただきました。好きな自分に変えるためには、「とにかく一歩踏み出すこと」、「あきらめずに、やり続けること」が大事だというメッセージを力強く伝えていただきました。最後にはサプライズも用意していただいて、感謝・感謝・感謝…でした。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

平成29年 原地区成人式3

成人の皆様の様子です。男子は凜々しい男性に、女子は麗しい女性に成長しました。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

平成29年 原地区成人式2

 平成23年度卒業生、卒業生の指導にあたった先生方が久しぶりの再会で喜び合っていました。成人の代表として、以下の方々が活躍しました。(敬称は略します。)
・市民憲章唱和 佐野浩希・稲葉彩乃
・記念品贈呈  長沢国洋・佐藤真優
・花束贈呈   山本裕晃・石山悠乃
・誓いの詞   池谷修平・秋山佳奈
・成人議会代表 鶴淵健伍・杉山千晴
卒業から5年、成人の皆様立派になりました。一人一人の歩む道は異なっても、何らかの道で誰かのために役立つ人間にさらに成長していってください。 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

平成29年 原地区成人式1

 1月8日(日)原地区センターにおいて、「平成29年 原地区成人式」が行われました。
本校2年学年委員の生徒が、写真のように受付として参加しました。また、2年山口 礼さんが生徒代表として、成人の皆様にお祝いの言葉を述べました。
 
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

潮騒第10号

潮騒第10号を発行しました。読みにくい場合は、配布文書に置いてあるPDFファイルで御覧ください。
画像1 画像1
画像2 画像2

第3学期始業式

以下、本日の始業式の話の概要です。

新年、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。
13日間の冬休み、どうだったでしょうか?日頃できない体験などできたでしょうか?
 私に関する話を二つします。一つは13日間ではないですが、12月22日、終業式でATM物語3を流した日の晩に、先生方で1年間を振り返る会が行われました。その中で、非常に嬉しいプレゼントをもらいましたので、ここで紹介します。その会で、2年の先生方が楽しい出し物を用意してくれまして、その中で使いました。終わった後に校長室に飾ってくださいとプレゼントしていただきました。校長室に飾っておこうと思いましたが、皆さんとともに、この気持ちから平成29年を始めたいと思い、この場に持ってきました。もう一度、ATMという言葉を意識して始めましょう。これが一つです。
 二つ目は、元旦の話です。毎年、初日の出をどこで見ようか考える訳ですが、今年は原中で見ようと思い、学校に来ると大塚教頭の車がありました。「何かあったのかな」と思いましたが、職員室の前にいる金魚の餌をやりに毎日来ているということでした。そして、皆さんがいない教室を見回ってくれていました。感謝の気持ちで初日の出を拝みました。また、元日夕方散歩中、駐車場から出て行く車を見送るおじいさんとおばあさん、車から手を振りながら「じゃあね、元気でね」と声をかける孫たちの風景に出くわしました。車が見えなくなるまで、ずっと見送っているおじいさんとおばあさんの姿を見ますととても温かい気持ちになりました。私たちは一人で生きているのではなく、家族、親戚、先生方など多くの人の思いを受けて生きているということを改めて感じました。感謝の気持ちになった元旦でした。皆さん、どうでしょうか、皆さんも一人で生きているのではなく、多くの人々の温かい思いを受けていきているのです。感謝の気持ちから、平成29年を始めたらどうでしょうか。
 以上二つを年の初めに話したいと思いました。

 それでは、プリントの方に入ります。本日の「あきらめずに 最後まで」シリーズは、少し難しい言葉ですが、「画竜点睛(がりょうてんせい)」について話します。その説明文を読んでみます。
『昔、中国に「張僧繇(ちょう・そうよう)」という画の 名人がいた。
 あるとき、金(きん)陵(りよう)の安楽寺の壁に竜の絵を描いた。全部 描き終わって、最後に瞳を書き入れたところ、たちまち、 その竜が生命を得て、天に向かって飛び立った』

もう少し、詳しく話しますと王様の命令で、安楽寺というお寺に飾る絵を描いていました。その絵に4つの竜を描いていき、瞳の部分だけ残して完成しました。人々が「どうして瞳を画かないのですか?」と聞くと「この瞳を画けば、竜が飛んでいってしまうからだ」と張僧繇(ちょう・そうよう)が答えると、「そんなバカな」と誰も信用しないので仕方なく2つの竜に瞳を描いたところ即座に飛び去ってしまったそうです。瞳を描いていない2つの竜はその絵の中に残ったという話です。
その話から出てきた言葉が、「画竜点睛」です。3年生は修学旅行に行って、お寺にある竜の絵を見た人もいるかもしれませんね。お寺にはよく竜の絵があります。「画竜点睛」の「画竜」とは竜を描くこと、「点睛」とは瞳を入れることを意味しています。「画竜点睛」とは、竜の絵に瞳を入れると考えてください。
 したがってこの話から物事の最後となる大切な所を完全に仕上げることを「画竜点睛」と言います。つまり、「画竜点睛」は、物事の最後の仕上げをきちんと行うことを意味します。
逆に、最後の瞳を入れない状態、最後の最後に失敗する状態を「画竜点睛を欠く」と言います。こちらの言葉の方がよく使われるそうです。最後の最後に落とし穴にはまってしまう状態を「画竜点睛を欠く」と言います。いろいろな試合で最終回とか、あと30秒とかという時、自分が勝っている場合、「もう勝ったな」って思った瞬間に落とし穴があるなんて場合があります。逆に負けている場合、「もうダメだな」と思ったけれど、「あきらめずに 最後まで」取り組んだ結果、信じられないような3点シュートが入ったとか、大逆転してしまうとかあります。このように最後は非常に大切で、ここを最後までやり遂げることが重要だと「画竜点睛」という言葉から説明ができます。
 この3学期は1年間のまとめ、3年生は義務教育9年間の最終段階、ということで本日はこの言葉を用意しました。
ここを間違えずに乗り越えてほしいと思っています。
プリント裏側を見てください。この「画竜点睛」という言葉から私が思ったことを書いてあります。
 もう少しで終わりという時、
 「勝った」、「もう大丈夫」と思う人
 には落とし穴
 「負けた」、「もうダメだ」と思う人
 には最後のチャンス
 いずれにしても
 終わる時には、最後の最後まで
 気持ちを込めてやり遂げる強い心で

ということを年の初めに皆さんに呼びかけたいです。この、3学期、「画竜点睛」の学期、皆さん一人一人がそれぞれの目標をきちんと見据えて日々過ごしていく姿を期待しています。

もう一点、来週13日(金)には、今年も私からの「お年玉プレゼント」を用意しています。きっと大きな力を皆さんに与えてくれるのではないかと思っています。風邪などひかないようにして、私からのプレゼントを受け取ってください。
以上で、始業式の話を終わります。
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

元旦

皆様、明けましておめでとうございます。
 本日の初日の出、4階音楽室にて大塚教頭先生と一緒に拝むことができました。時間の経過とともに温かい日の光が原中全体に射し込んでいく様子に感動しました。
 この温かい日の光が、これから始まる生徒の今年一年間の生活にも射し込んでいくことを強く願っています。
 本年も多くの皆様による原中及び原中生の御支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

                              平成29年元旦
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

大晦日

画像1 画像1
 大晦日も終わりが近づいてきました。橙色に染まる西空を見やりながら、平成28年、多くの皆様に支えられて原中及び原中生徒が前進できましたことに深く感謝し、皆様がよいお年をお迎えすることを祈りながら、平成28年とお別れしたいと思います。
 一年間、本当にお世話になり、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

アンサンブルコンテスト東部大会2

 続いて、フルート三重奏、クラリネット四重奏に出演した面々です。以上4グループの発表でした。いずれのチームも県大会への進出はかないませんでしたが、それぞれ顔を見合わせ、タイミングを合わせて真剣な表情で取り組み、ホール全体に美しい音を響かせることができました。この緊張感を忘れずに今後の練習に励み、吹奏楽部全体のレベルアップに貢献してほしいと願っています。
画像1 画像1
画像2 画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
沼津市立原中学校
〒410-0312
住所:静岡県沼津市原576
TEL:055-966-0138
FAX:055-966-1612

ご感想・ご意見をお寄せください
hara-j@numazu-szo.ed.jp