最新更新日:2018/12/14
本日:count up117
昨日:233
総数:371071
11月29日(木)に「お弁当の日」の竹下和男先生の講演を実施しました。自立とは、自分で生きていける術を身につけること、それは3歳児からすでに始まっていることをお聞きし、原中生も自分の生き方を考えさせられたと思います。

市スポーツ祭サッカー大会

 昨日(10月30日(日))、愛鷹中グランドにおいて、市スポーツ祭サッカー大会が行われました。本校サッカー部は、予選リーグを突破し、トーナメント戦第1回戦強豪暁秀中サッカー部との対戦となりました。各選手それぞれが持ち味を出しながら力一杯のプレイをしましたが、残念ながら力の差を埋めることはできませんでした。しかし、少ないチャンスを生かした1点の得点は今後の自信につながる素晴らしいシーンでした。
画像1 画像1
画像2 画像2

1年学年道徳集会

 昨日(10月25日(火))1時間目に体育館において、1年学年道徳集会を行いました。平成25年度に全校道徳集会として行ったものの焼き直しで、2年生・3年生は昨年度すでに行ったので、今回は1年生のみを対象にしました。1年生は他人事ではなく自分事として捉えて、真剣に考え発表してくれました。終了後、自分のクラスに戻って感想を書きました。感想の一部を紹介します。

・いじめはする方もされる方も見ている方も、みんな嫌な気持ちになってしまうので、絶対にしない。している人がいたら絶対に止めたいと思った。
・いじめが絶対にない学校にするためには皆がいじめについてよく考えて、同じ気持ちを持たなければならないと思います。
・私はよく「死ね」などの言葉を聞いたり、少し言ったりしています。本当は、「死ね」なんて言ってはいけないのに軽々しく言ってしまいます。命は、一人に一つの大切なものなのに、その言葉の重さに気づけていなかったので、気をつけたいです。
・僕の「命は一瞬にして消え、二度ともどってこない」という言葉を聞いて、そうだなと思いました。
・私は、この話を聞いて、改めていじめの悪さや注意する勇気が大切ということがわかりました。

以下、今回の題材とした文章です。

僕は中学校2年まで福岡県に住んでいました。そこで、僕が体験したことです。
 1年生のころ、僕の友だちのA君が、同級生のK君の靴を隠したり、からかったりしていることがよくありました。最初は僕もあまり気にしていませんでしたが、K君のことを「なんだかかわいそう」と思うようになりました。
 ある日僕は勇気をだして先生に「K君がいじめにあっています」と報告しました。初め先生は、「じゃれ合っているだけだろう」と、「いじめ」とは思ってくれませんでした。でもその後「いじめ」と分かり、A君は、先生に注意され、その日一日は反省した様子で過ごしていました。
 しかし、次の日学校に行くと、いじめは前以上にエスカレートしていて、蹴ったりたたいたりするようになりました。しかも、「死ね」「うざい」「消えろ」などの言葉が飛び交うようになり、そんな日々が続きました。
 それは2年生になっても続きました。僕はそのいじめを止めることができず、毎日、見て見ぬ振りをしていました。今思うと、自分がとても恥ずかしいです。本当の友だちなら止めるべきなのに。それだけではなく、いじめられているK君に声一つかけることができずにいました。
 心の中ではA君に、「やめろよ」と言おうと思っていたけど、なぜか、勇気が出ませんでした。次にいじめられるのが自分になるのが恐くて、言えなかったのです。

 そんな日々が続く中、僕の気持ちを大きく変える出来事がありました。父の死です。そのときのことは、今でも忘れることができません。聞いたときには頭の中が真っ白になりました。最初は信じることができませんでした。一週間も二週間も学校に行けず、ただ、ぼーっと過ごしていました。いろんなことを考え、徐々に、「死」というものの悲しさ、つらさ、「死」という意味の重さがわかってきました。
 そして、時間はかかりましたが、「命は一瞬にして消え、二度と戻ってこないものだ。だから命を大切に、今を大切にしなければならない」と深く受け止めることができるようになりました。そして、周りの子たちは、僕のような経験がないから、「死ね」とか、軽々しく言えるのだろうと思い、この気持ちを伝えなくてはならないと考えました。僕が強くならなくてはと思いました。
 こんな気持ちになったとき、僕には時間がありませんでした。母の実家がある徳島への引っ越しが一週間後に決まっていたのです。落ち込んでいる暇は無いと思い、学校に行った僕はA君に言いました。
 「いじめなんかやめろよ。いじめたって喜ぶ人はいないし、悲しむ人がいるだけだろ。自分だってほんとは嫌だろ。『死ね』とか『消えろ』とか言葉の意味の重さを知らないのに、言うなよ」と言いました。父親の突然の死、そのあと僕が考えたことも伝えました。
 友だちは、黙って聞いてくれました。僕の言葉にうなずいて、そのあと、K君のところへ行き、「ごめん。言葉の重さも知らずに言って、本当にごめん。ぜったいに死ねなんてことは言わない。そして、いじめは絶対にしない。ほんとうにごめん」とあやまりました。
 K君はとても優しい笑顔で「いいよ」と一言言いました。僕も、K君に言いました。
「今まで助けてあげられなくてごめん。」
K君は笑顔で、「ありがとう」と言ってくれました。今まで自分の中でもやもやしていた気持ちが、スーっと晴れました。

 今も時々耳にする暴言。冗談半分で言っているかもしれません。しかし、いつ、いじめにつながるかわかりません。他人を傷つけることで自分のストレスを晴らそうとしているのでしょう。関係ないふりをしようとする自分がいます。楽な考え方をする自分がいます。そんな時、亡くなった父の顔や、K君の優しい笑顔を思い出します。あの時の自分のように強い気持ちを持とう。「やめろよ」と一言言う。すると、また気持ちがスーっとしてきました。
 父の分も頑張って生き抜こうと決めた僕にとって、正しいことを素直に認め、悪いことを否定できる強い意志を持つことが目標です。そして何よりも、命を大切に、今を大切にしていきたいと思います。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

生徒集会

 本日(10月25日(火))朝、体育館において、生徒集会が開かれました。いつものようにしっかりとした黙想・姿勢から始まりました。後期となり生徒会役員も一新し、新たなスタートとなりましたが、前期の流れを引き継いで、「ほほえみ王子」からのこれまでの原中生の協力に対するお礼の手紙から始まりました。その手紙とともに感謝の贈り物として、「感謝のタネ」として次の3つのタネが贈られました。
・思いやり
・清掃
・あいさつ
この3つタネを大切にして過ごすことによって、それぞれの花を大きく咲かそうという呼びかけが力強く行われました。
後期の生徒会活動もとても楽しみになってきました。

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

第67回沼津市中学校連合音楽会

 本日(10月19日(水))、市民文化センター大ホールにて、第67回沼津市中学校連合音楽会が開催されました。本校が参加した午前の部には、市内8校の中学校が参加しました。
 6校目として参加した本校3年生、前に歌った他校の真剣な取り組みに負けずに一生懸命歌い、「赤とんぼ」、「ハナミズキ」の2曲を大ホール一杯に広がる歌声を披露しました。これからも、3年生が結集して、本校のよさを発揮してくれるという気持ちになる素晴らしい発表でした。
 また、他校の素晴らしい歌声もあり、3年生にとってはとてもよい体験をすることができた連合音楽会でした。
 
画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3

女子ソフトテニス部 沼津市スポーツ祭

画像1 画像1
画像2 画像2
画像3 画像3
雨天順延されていた沼津市スポーツ祭個人戦が行われました。
本校からは7ペアが出場し、日頃の練習の成果を発揮することができました。
引退した3年生も応援に駆けつけてくれました。


☆結果☆
【団体戦】 準優勝

【個人戦】
準優勝 原田・佐藤ペア
第3位 萩原・高畠ペア

団体戦は10/23(日)に愛鷹コートで行われる東部大会へ、
個人戦で入賞した2ペアにつきましては、10/30(日)に富士宮で行われる東部大会に出場します。
今後とも応援よろしくお願いします。

連合音楽会前日

 明日の連合音楽会に備えて、1年生・2年生を前にして出場する3年生全員が合唱曲「赤とんぼ」、「ハナミズキ」2曲を披露しました。本番の合唱の出来映えが楽しみになる前日の歌声でした。来年度・再来年度に出場する1年生・2年生のよき手本になったと感じられました。
 以下、明日の連合音楽会の案内をします。会場に出向いて本番の合唱を聴くこともできますので、お時間のある方は御来場ください。

期日:平成28年10月19日(水)
会場:沼津市民文化センター 大ホール
時間:午前の部
   開場 9:30
   開会 9:45
   発表順番
   1 全員合唱
   2 静浦小中
   3 片浜中
   4 市立高中等部
   5 浮島中
   6 愛鷹中

   7 原 中

   8 金岡中
   9 第三中

下の写真は、発表前1,2年生が「黙想」している様子と歌声を聴いている様子です。

     
    
画像1 画像1
画像2 画像2

市スポーツ祭卓球大会女子

 女子も男子同様に同じ市民体育館会場において、市スポーツ祭卓球大会が行われました。1年生・2年生が参加し、熱心に試合に取り組んでいました。
画像1 画像1
画像2 画像2

市スポーツ祭卓球大会男子

 10月16日(日)沼津市民体育館に於いて、市スポーツ祭卓球大会が行われました。この大会は個人戦のみの大会です。男子1年の部、2年の部と学年別に分かれての大会でした。本校卓球部からもたくさんの部員が参加し、それぞれが一生懸命取り組んでいました。
画像1 画像1
画像2 画像2

1C授業風景

 10月12日(水)沼津市教職員研修センター研修師範 尾崎先生をお迎えして、1年C組渡邊政郁先生の数学授業を参観しました。
 夏休みの間に集められた多くの蝉の抜け殻について、「どうすれば、袋の中の蝉の抜け殻の数が分かるだろう?」という学習課題でした。
 生徒たちは、下の写真にあるように重さで追求するグループや体積で追求するグループがあり、大変盛り上がりました。
 A(あきらめずに考えぬき)、T(友と力を合わせて)、M(自らを高める学習)というATM学習が成立していたと感じました。
画像1 画像1
画像2 画像2

10月11日(火)朝礼

 以下、先日行った朝礼の話の概要です。

 それでは、お話しします。部活動では代替わりして1,2年生が中心になって活動していますが、3年生から見事に引き継いで、このように多くの表彰があり、楽しみになってきました。残念ながら、今回表彰されなかった部もありますが、もう少しというところがたくさんありますので、「あきらめずに、最後まで」やっていきましょう。
 今日から第4ステージのスタートです。第4ステージのステージ目標は「自分 パワーアップ」、自分の力を伸ばしていくということです。また、後期へと動いていく時期です。ここで気持ちを切り換えて、皆さん一人一人がこの期間、自分を大きく成長させるべく、日々の努力を重ねていくことを願っています。
今日も「あきらめずに 最後まで」シリーズを続けます。本日取り上げるのは、「掃除・挨拶」です。これについても、年度初めに書いてくれた人がいますので、ここで紹介します。
・掃除については、
「掃除の時間は、静かに黙動でしっかりと掃除をやります。(1年)」
「一日一つ、自分の周りのものを整頓する(2年)」
「黙動で清掃すること(3年)」 などありました。
・あいさつについては、
「毎日、かかさず元気な挨拶をすることをやり遂げたい。(1年)」
「あいさつを大きな声で誰にでもしっかりすること(2年)」
「気持ちのよい挨拶をすること(3年)」
    などありました。
掃除や挨拶は大きく目立つ目標ではありませんが、これを「あきらめずに 最後まで」やり遂げることができる人は、多分他の目標もしっかり達成できるでしょう。
 掃除・挨拶に関して、学校ぐるみでみんなで実践している学校の例が見つかりましたので、プリントで紹介します。
掛川西中校区共通実践項目として、「掃除・挨拶は『だ・い・じ』」と掲げられています。掃除は「だまって、一生懸命、時間一杯」、この頭文字で「だ・い・じ」ですね。挨拶は「だれでも、いつでも、自分から」、これも「だ・い・じ」という頭文字ですね。両方とも「だ・い・じ」という頭文字で始まる覚えやすい言葉でまとめられています。私は、とてもよい言葉だなと思いましたので、ぜひ原中でも紹介したいと思いました。
 実は、この掛川西中校区共通実践項目に相当するものとして、原三校連携重点目標があります。知ってる人は、どのくらいいます?小学校の時から言われてきたと思いますが、中学校になって、皆さんに知らせてなかったので、私が悪かったなと思っています。原三校連携重点目標は、3つあります。「あいさつ」、「言葉遣い」、「清掃」です。先ほどの2つが入っていますね。本日のテーマである「掃除・挨拶」については、皆さん普段意識していると思いますが、「言葉遣い」についてはあまり意識していませんね。言葉もとても大切ですね。これも含めて、大切にしていきましょう。
プリント裏側を見てください。年度初めにも書いてもらいましたが、今年度も残り半年となり、3年生の多くが書いていた部活も終わり、状況が変わってきましたので、ここでもう一度目標を再設定して過ごしたいと思います。
前と同じで、一つでも二つでもいくつでもよいです。これからの半年間を見据えて、よく考えて書いて、担任の先生に提出してください。後期の「あきらめずに、最後まで」シリーズで紹介していきたいと考えています。
 最後に、目標を立てることの大切さを感じる言葉を紹介します。以前も紹介したことがあるかと思います。「目標は、その日その日を支配する」もう一度読みます。「目標は、その日その日を支配する」
 前に紹介した時は、目標がある生活と目標がない生活では、一日一日の過ごし方が大きく異なってくるという意味で話したと思います。しかし、その後、この言葉の意味を追っていきますと、少し違うなと気づきました。これは、目標があるかないかはもちろんのこと、目標の高い、低いによって、一日一日が大きく違ってくるという意味がありました。高い目標を持っている場合と低い目標を持っている場合では、その一歩一歩が違ってくるということです。 これは、いろいろなスポーツ界でアスリートが大切にしている言葉だそうです。例えば、「オリンピックで金メダルを取る」という目標と「日本の大会で一番になる」という目標、どちらも素晴らしい目標ですが、どちらの目標を持つかによって、日々の練習が変わってくるでしょう。
 今から、後期の目標を書いてもらいますが、一つは毎日の細かな努力目標、もう一つはできたら高い目標を書けたらいいなと思っています。それを皆さん一人一人が意識しながら半年間過ごしてほしいと思っています。そして、よい3月を迎えてほしいと願っています。
     以上で、本日の話を終わりにします。
画像1 画像1
画像2 画像2

市スポーツ祭バレーボール大会

 10月8日(土)第五中会場にて、市スポーツ祭バレーボール大会(女子)が行われました。リーグ戦初戦は今沢中との対戦でした。拮抗した試合展開でしたが、流れが今沢中へと行ってしまいました。しかし、本校の動きにも光るものがたくさんありました。

画像1 画像1
画像2 画像2

市スポーツ祭ソフトボール大会

 10月8日(土)三中会場で市スポーツ祭ソフトボール大会が行われました。小雨の降る中の対大岡中戦でした。なかなか厳しい試合でしたが、光明も見られました。今後の成長を期待したいと思います。
画像1 画像1
画像2 画像2

市スポーツ祭ソフトテニス大会(女子)

 男子が行われていた愛鷹テニス場と同じ場所で、女子の団体戦も行われました。こちらは、準決勝も勝利し、決勝への進出が決まりました。
画像1 画像1
画像2 画像2

市スポーツ祭ソフトテニス大会(男子)

 本日(10月1日(土))、霧雨の降る愛鷹庭球場においてソフトテニス部が参加し、準決勝進出まで見ることができました。苦しい金岡中戦、よく頑張って勝ち進みました。
画像1 画像1
画像2 画像2

市スポーツ祭バスケットボール大会(男子)

 女子に続いて、男子の試合も本校体育館で行われました。相手の暁秀中も強敵です。双方ともスピード感あるチームで、攻撃から守備、逆に守備から攻撃と目まぐるしく攻守が変わっていきます。
画像1 画像1
画像2 画像2

市スポーツ祭バスケットボール大会(女子)

 本日(10月1日(土))、本校体育館において、市スポーツ祭バスケットボール大会が開かれました。本校女子バスケット部は初戦、対第四中はなかなかリズムに乗れない試合でした。しかし、中盤以降は本校生徒の表情も明るくなり、力を合わせて行動する人がたいへん多かったです。
画像1 画像1
画像2 画像2

市スポーツ祭野球大会

 朝から小雨が降る10月1日(土)となりましたが、野球大会は予定通り、第一中会場で始まりました。初戦は愛鷹中との試合となりました。
 新チームとして初めての公式試合、お互いに緊張する中で、エラーもかなりありました。しかし、一生懸命に試合に臨む姿があり、今後が楽しみな野球部でした。また、女子部員2人も試合に出場しました。
画像1 画像1
画像2 画像2
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
沼津市立原中学校
〒410-0312
住所:静岡県沼津市原576
TEL:055-966-0138
FAX:055-966-1612

ご感想・ご意見をお寄せください
hara-j@numazu-szo.ed.jp