最新更新日:2021/06/16
本日:count up20
昨日:98
総数:201921
《小中一貫教育目標》“志”をもって 自分をみがき ともに挑戦する たくましい大平の子

3/30(火) LOVE。。 89

画像1 画像1








人もまた、一本の樹ではなかろうか。

樹の自己主張が枝を張り出すように

人のそれも、見えない枝を四方に張り出す。



身近な者同士、許し合えぬことが多いのは

枝と枝とが深く交差するからだ。

それとは知らず、いらだって身をよじり

互いに傷つき折れたりもする。



仕方のないことだ

枝を張らない自我なんて、ない。

しかも人は、生きるために歩き回る樹

互いに刃をまじえぬ筈がない。



枝の繁茂しすぎた山野の樹は

風の力を借りて梢を激しく打ち合わせ

密生した枝を払い落とす・・・と

庭師の語るのを聞いたことがある。



人は、どうなのだろう?

剪定鋏を私自身の内部に入れ、小暗い自我を

刈りこんだ記憶は、まだ、ないけれど。



BY 「吉野弘詩集」 吉野弘



  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
沼津市立大平中学校
〒410-0821
住所:静岡県沼津市大平1144
TEL:055-931-5021
FAX:055-931-5029

☆ご感想・ご意見をお寄せください
oohira-j@numazu-szo.ed.jp